• ポイントキャンペーン

Magazine house mook
WHAT’S NEXT? - TOKYO CULTURE STORY

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5変判/ページ数 207p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784838751587
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C9476

出版社内容情報

東京のファッション、ミュージック、カルチャーの
1976年から2016年までの軌跡をアーカイブしました。
次の時代につながるカルチャーと出会う本、
「WHAT’S NEXT?」。いまでは、世界のファッション都市となった東京。
すべては、1976年からはじまる。
『POPEYE』の創刊と「BEAMS」のオープンを
きっかけに変わり続けてきた東京の
ファッションとカルチャーの40年の物語。

それぞれの時代を生きた若者たちが
カタチづくった東京のカルチャー。
そのカルチャーは、次の時代につながっている。

■ファッション
当時のファッションを気鋭のスタッフが男女別に再現。
1976年の「UCLA STYLE」(メンズ)
「HEAVY DUTY」(ウィメンズ)からスタート。
■ファッション解説
モデルページのファッションをアイテム別に解説。
「CITY BOY」「TAKENOKO ZOKU」
など、あの頃が甦る。
■MUSIC
音楽も時代をリードして挑発してきた。1997年にスタート
したフジロックは野外フェスの原点ともいえる。
■CULTURE
たとえば、バブルの時代。その前後の、
伝説のハコ「芝浦GOLD」、
ディスコ「ジュリアナ東京」とは?

マガジンハウス[マガジンハウス]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

42
この本すごいよ!■1976年の『BEAMS』オープンと『POPEYE』創刊からの、変わり続ける東京のファッション(流行)とカルチャーを豊富な写真とコラムでなぞります。ファッション(服飾)、音楽、インテリア、サーフブームや雑貨ブーム、Olive、渋谷系、裏原宿から奥渋谷へ、カフェブームとミニシアター、野外フェスと90年代 ガーリー・カルチャー、ミッドセンチュリーと00年代の工業デザイン、エコカルチャーとかスニーカー女子とか☆ もっととんがったカルチャーも載ってて読み切れないや。■なんかもう充実の1冊でした☆2016/12/16

チョビ

2
BEAMSとマガジンハウスのポパイやオリーブなどとのコラボ本かな?40年から今に至るまでのファッション(=流行)&カルチャーのまとめ本です。写真も多いが文字も多いぞ、ちょっとみにくいですが、超ポップな装丁がかわいい!!!2016/12/14

ああああ

1
服を中心に東京カルチャーが詰まっていてとても良かった

時遊神/中田毅志

1
東京のファッション、というか東京発日本の(ものによっては世界の)ファッションとカルチャーのこの40年の歴史が分かる一冊。しかしアムラー、シノラーは載ってるのにハマダーについて何も書かれていないのは納得いかないww 2016/12/26

diesuk

1
レビューはこちら→ http://honz.jp/articles/-/435652016/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11203310

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。