「IR」はニッポンを救う!―カジノ?それとも超大型リゾート?

個数:
電子版価格 ¥1,120
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「IR」はニッポンを救う!―カジノ?それとも超大型リゾート?

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年05月31日 06時48分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838730575
  • NDC分類 689
  • Cコード C0033

内容説明

東京オリンピック後のBIGプロジェクト「IR」について学ぼう!

目次

プロローグ 「IR」ってカジノなの?
第1章 「IR」って、本当は何なの?(IR=カジノではなかった;ターゲットは老若男女あらゆる人々 ほか)
第2章 今なぜ日本に「IR」なの?(国や自治体は経済活性化の切り札と期待;鍵を握るのは外国人による訪日旅行 ほか)
第3章 「IR」は地元をどう変えるの?(北海道のIR建設候補地・苫小牧市の現状;建設候補地では環境保護活動が ほか)
第4章 「IR」のリスク対策はどうなっているの?(そもそもギャンブル依存症とは?;日本にもギャンブル依存症の患者はいるの? ほか)

著者等紹介

渋谷和宏[シブヤカズヒロ]
1959年12月、横浜市生まれ。経済ジャーナリスト、作家。大正大学表現学部客員教授。1984年4月、日経BP社入社。日経ビジネス副編集長などを経て2002年4月『日経ビジネスアソシエ』を創刊、編集長に就任。ビジネス局長、日経BP net総編集長などを務めた後、2014年3月末、日経BP社を退職、独立。1997年に情報ミステリー小説『銹色(さびいろ)の警鐘』(中央公論新社)で作家デビュー。経済ノンフィクション『稲盛和夫独占に挑む』(日本経済新聞出版社)などをペンネーム渋沢和樹で執筆。また、ペンネーム井伏洋介として青春群像小説『月曜の朝、ぼくたちは』(幻冬舎)など。本名(渋谷和宏)としては『文章は読むだけでなく上手くなる』(PHPビジネス新書)などがある。『シューイチ』(日本テレビ)などコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。