精神科医や心理カウンセラーも使っている傷つかない&傷つけない会話術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838721801
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0095

内容説明

口から出た言葉は取り消せない。傷つけられてツライ思いをしないために…。「傷ついた」と責められないために…。5ステップ、52の会話例つき。

目次

1 言葉のトゲを抜こう!(まずは“極端語”を抜いてみよう!;相手の言葉をくり返そう! ほか)
2 言葉の毒を抜こう!(ネガティブな情報を伝えない!;相手の気持ちを決めつけない! ほか)
3 言葉に蜜を足そう!(人に頼み事をするときは名前を足そう!;モノをほめるときは人もほめよう! ほか)
4 目つき・顔つき・態度を変える!(見つめて叱らない!見つめてほめる!;「傷ついた」と責める態度は逆効果! ほか)
5 親しくなるほど傷も深くなりやすい!(「これくらい察して」は無理!;親しいからこそ4種のほめ言葉を! ほか)

著者紹介

津田秀樹[ツダヒデキ]
心理研究家。筑波大学卒。携帯公式サイト『本物の心理テスト』が大好評。アンアンやノンノなどの雑誌の心理テスト作成、心理学的映画紹介、心理マンガ(原作)、就職適性検査の対策本の執筆、ニンテンドーDSのソフトのディレクションなど多方面で活躍中

西村鋭介[ニシムラエイスケ]
精神科医。東京大学で心理学を学んだ後、国立大学医学部に再入学して、精神医学をはじめとする医学全般を学ぶ。現在は理論的心理学と、科学としての大脳生理学や精神医学を統合させ、悩みに潜む心理学的背景を解析するとともに、それを病院での臨床の場に実際に応用(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)