三弥井古典文庫<br> 南総里見八犬伝名場面集

個数:

三弥井古典文庫
南総里見八犬伝名場面集

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年02月19日 22時36分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784838270583
  • NDC分類 913.56
  • Cコード C3093

内容説明

日本古典文学史上最大の長編小説が一冊に。本文・通釈・あらすじ・挿絵で98巻106冊を凝縮。馬琴が描いた勧善懲悪因果応報の世界。

目次

巻之一第一回
義実龍を見る
巻之二第四回「金碗との出会い」
巻之三第六回「玉梓の処刑」
巻之五第九回「八房、伏姫を請う」
巻之五第十回「伏姫の富山入り」
巻之一第十二回「伏姫の受胎」
巻之二第十三回「伏姫の切腹」
巻之三第十六回「手束、玉を得る」
巻之四第十七回「信乃の成長」〔ほか〕

著者等紹介

湯浅佳子[ユアサヨシコ]
1965年生まれ。東京学芸大学准教授。専門:江戸時代の説話、読本(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。