柳宗悦と京都―民藝のルーツを訪ねる

個数:

柳宗悦と京都―民藝のルーツを訪ねる

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2018年08月21日 04時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 239p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784838105809
  • NDC分類 750.216
  • Cコード C1072

目次

1 我孫子から京都へ―誰と出会い、何を行い、どんなものを蒐めたのか(杉山享司)(白樺同人として;我孫子時代の柳宗悦 ほか)
2 「民藝」が誕生した磁場―大正末期の京都と柳宗悦(土田眞紀)(柳宗悦と同志社大学;クラフトギルドの夢と現実―柳宗悦と上加茂民藝協団 ほか)
3 運命の出会い―柳宗悦と河井寛次郎(鷺珠江)(民藝発祥の地―京都;陶工の同志―河井と濱田 ほか)
4 京都民藝散歩―柳宗悦の俤を訪ねて(四釜尚人)(柳宗悦の旧居;上加茂民藝協団跡地 ほか)

著者等紹介

杉山享司[スギヤマタカシ]
日本民藝館学芸部長

土田眞紀[ツチダマキ]
同志社大学文学部嘱託講師

鷺珠江[サギタマエ]
河井寛次郎記念館学芸員

四釜尚人[シカマナオヒト]
京都民藝協会理事・しかまファインアーツ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

大正13(1924)年、関東大震災で京都に疎開していた柳宗悦は、濱田庄司の紹介で河井?次郎と出会うことになります。3人は弘法さん(東寺)や天神さん(北野天満宮)で開かれる骨董市に出かけ、そこで見つけたものは「下手(げて)もの」と呼ばれた雑器や布類でした。そして柳宗悦たちは、日常で使う道具の中にこそ「美」は存在すると考え、「民衆的工藝=民藝」 と名付けました。そして昭和8(1933)年東京に戻り、昭和11(1937)年目黒区駒場に日本民藝館を開設することになります。この約10年間に蒐めたモノは貨車4台分にのぼったといわれていますが、この京都時代が「民藝」にとっての揺籃期となったことは意外に知られていません。本書はその京都時代の柳宗悦にスポットを当てた、「民藝」誕生の秘密にアプローチした一冊です。

内容◎我孫子から京都へ?誰と出会い、何を行い、どんなものを蒐めたのか。(日本民藝館学芸部長・杉山享司)
◎「民藝」が誕生した磁場ー大正末期の京都と柳宗悦(同志社大学文学部講師・土田眞紀)
◎運命の出会い?柳宗悦と河井?次郎(河井?次郎記念館学芸員・鷺 珠江)
◎京都民藝散歩?柳宗悦の俤を訪ねて(京都民藝協会理事・四釡尚人)
4人の著者が、あらゆる角度から柳宗悦が京都に遺した足跡をたどります。

杉山 享司[スギヤマタカシ]
著・文・その他

土田 眞紀[ツチダマキ]
著・文・その他

鷺 珠江[サギタマエ]
著・文・その他

四釜 尚人[シカマナオト]
著・文・その他