知的生きかた文庫<br> 上手な心の守り方

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

知的生きかた文庫
上手な心の守り方

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年06月29日 14時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784837985877
  • NDC分類 188.84
  • Cコード C0130

出版社内容情報

「現実」ではなく「受け止め方」を変える
――そのちょっとしたコツがある。

◎何があっても、自分を「全否定」しない
◎やっかいな人と同じ土俵に上がらない
◎人に迎合しやすい人は、傷つきやすい人
◎カッとしたら、サッとその場を去る
◎迷ったら、自分を「主語」にして判断する
◎「隠し事」が増えるたびに、心は暗くなる
◎なるべく「性善説」で考えたほうが、人生はうまくいく

……禅が教えてくれる、「心を健やかに、穏やかに保つための秘訣」

内容説明

「現実」を変えるのではなく、「受け止め方」を変える―そのちょっとしたコツがある。不安、悩み、怒りをこじらせない、99のヒント。このストレス社会に役立つ禅的「心のセルフケア法」。

目次

1章 まず、自分を嫌わない―「心を守る」ための絶対ルール(自分を「全否定」しない;「ダメ出し」を真に受けない ほか)
2章 絶対、無理をしない―「自分を大切にする」とはこういうこと(「いい人」の仮面を外す;誰かと群れたがらない ほか)
3章 すぐに、人と競わない―「自分の物差し」でしっかり生きる(自分を盛らない;「世間」を判断の外に置く ほか)
4章 ささいなことで、怒らない―心をすり減らさないためのコツ(「怒りの渦」に巻き込まれない;相手を変えようとしない ほか)
5章 いつまでも、クヨクヨしない―落ち込んでもいい、でも早く立ち直ろう(心配事の九割は起こらない;不安を「妄想」しない ほか)

著者等紹介

枡野俊明[マスノシュンミョウ]
1953年、神奈川県生まれ。曹洞宗徳雄山建功寺住職、庭園デザイナー、多摩美術大学環境デザイン学科教授。玉川大学農学部卒業後、大本山總持寺で修行。芸術選奨文部大臣新人賞を庭園デザイナーとして初受賞。ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。近年は執筆や講演活動も積極的に行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

44
とても大切な心の守り方について、一つ一つ背中を後押ししてもらえるような形で禅をテーマに教えてもらえた気がします。一つ一つ前向きに開き直りつつ明るく実践していきたいところです。2021/12/14

バイクやろうpart2

43
枡野俊明さん作品2冊目です。仕事に追われていた時、駅中本屋さんで、目に留まりました。モノの見方、考え方一つで肩の力が抜けること感じます。起床時とか就寝前に一節、眺めるだーだけで、リラックス出来るのでは?と、何か、心のビタミンを貰ったような、そんな本です。2020/09/22

陽子

26
流し読み。見開きで右側にシンプルなポイントワードの一文。左側は解説文。ポイントワードを流すだけでも「なるほどね」と感じる処方箋的な一冊。ちょっとした心の向け方や見方のヒント内容集。示唆内容はアドラー的でもあると感じた。著者は禅僧らしいが、内容は誰がみてもうなづけると思う。最近、こういう類の新刊書籍が数多く並べられているのを目にする。ストレス社会ならでは、なのかもね。2019/12/14

だいだい(橙)

14
半年に一度位は、禅寺の僧侶が書いた本を読んでいる。これは、軽く読めるエッセイ。 もう少し年をとって仕事を引退したら、臨済宗か曹洞宗のお寺に通いたい。この本の著者は曹洞宗の住職兼庭園デザイナー。海外でも名を知られた方のようです。2019/11/16

ikedama99

10
毎朝に読む本。一日1項目なので、99日かかったことになる。わかりやすくインパクトある一行とそれに続く文章はとてもしっくりくる。今まで読んだことやふれた内容もあるが、改めて考えるヒントをいただいたようにも思える。自分の良きスタンスを作りあげるのに役に立つ。朝にふさわしい本だと思う。2020/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13592448

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。