王様文庫<br> 心が「ほっ」とする小さな気くばり―「気持ち」を丁寧に表わす65のヒント

個数:
  • ポイントキャンペーン

王様文庫
心が「ほっ」とする小さな気くばり―「気持ち」を丁寧に表わす65のヒント

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年12月07日 16時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 229p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784837968757
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0130

内容説明

ほんのちょっとしたことなのに、優しい思いやりが伝わってきて、お互いの心が「ほっ」となごむ。ごくさりげなくて自然なのに、しばらく温かい印象が残る言葉や行動、しぐさ。それが「小さな気くばり」です。

目次

はじめに お互いに“うれしい気持ち”が広がる、ちょっとしたこと
1章 こんな「ほんの小さな気くばり」が、いつまでも心に響く
2章 お互いの気持ちを「ほっ」となごませる話し方
3章 「あの人といると、なぜか落ち着く」―と思われる秘密
4章 感じがよくて「気がきく人」は、ここを忘れない
5章 “気くばり上手”のまわりには、素敵な出来事が集まってくる

著者等紹介

岩下宣子[イワシタノリコ]
「現代礼法研究所」主宰。NPO法人マナー教育サポート協会理事長。共立女子短期大学卒業。老舗の食品会社勤務の後、全日本作法会の故・内田宗輝氏、小笠原流・故小笠原清信氏などに師事し、礼法を学ぶ。1984年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、数多くの企業、学校、公共団体などでマナーの研修、講演と執筆活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

感じがよくて優しい人は、「小さな気くばり」を忘れない。相手も自分もうれしくなる、“気持ち”を丁寧に表わす65のヒント。ほんのちょっとしたことなのに、
思いやりが伝わってきて、お互いの心が「ほっ」となごむ。
ごくさりげなくて自然なのに、
しばらく温かい印象が残る言葉や行動、しぐさ。
それが「小さな気くばり」です。

たとえば、こんなこと――。

*人の名前を大切に扱う
*手間をかけて「心」を贈る
*ネガティブ言葉はポジティブ言葉に
*相手の「密かな自慢」に気づく
*「求められていること」を上手に察する
*ほんの少しの“先回り”
*相手を安心させられる“タイミング”
*「あなたを気にかけていますよ」というメッセージ
*大切な人に「ねぎらいの気持ち」を示す
*別れ際に、“優しい余韻”を残す人

感じがよくて「気がきく人」は、ここを忘れない。
相手も自分もうれしくなる、“気持ち”を丁寧に表わす65のヒント。

岩下 宣子[イワシタ ノリコ]
著・文・その他