王様文庫<br> 眠れないほど面白い死後の世界―前世、臨死体験、輪廻転生…の謎に迫る!

個数:

王様文庫
眠れないほど面白い死後の世界―前世、臨死体験、輪廻転生…の謎に迫る!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年02月22日 05時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784837967187
  • NDC分類 147
  • Cコード C0130

内容説明

「魂」と「転生」の秘密―驚愕の体験談、衝撃のエピソードが満載!

目次

序章 人類は「死後の世界」をどのように考えてきたか
1章 人は死んだらどこへ行くのか?―地獄か極楽か…“あの世への旅”のすべて
2章 「幽体離脱」―魂が肉体を抜け出す瞬間―この“驚愕の体験談”はどこまで真実なのか
3章 「臨死体験」者が語る不可思議すぎる話―死後にも“意識”は存在するか?
4章 “生まれ変わり”は、確かにある―「輪廻転生」としか思えない、奇跡の数々
5章 「因果」は本当にめぐるのか―「前世」の生き方は「今世」にどこまで影響している?
6章 “心霊現象”は、なぜ起こる?―「“あの世”に行きそびれた」魂への対処法

著者等紹介

並木伸一郎[ナミキシンイチロウ]
1947年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。電電公社(現・NTT)勤務ののち、古代史をはじめ、地球上のさまざまな謎を題材に調査・研究し、雑誌・テレビなど多方面で発表、活躍している。その研究テーマは、考古学や歴史学など学術的なものから、怪事件・未確認現象の解明まで多ジャンルに及び、国内・外に持つ充実したネットワークから導き出される斬新な理論展開は他の追随を許さない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人は死んだら、どうなるのか? ◆体には“魂”が宿っている?◆「生まれ変わり」は本当にあるか――“あの世”の謎を解き明かす本

人は死んだら、どうなるのか?
――“あの世”にまつわる、不思議な噂・体験談・衝撃エピソード

●臨死体験者たちが目撃した“光の天使”
●世界各地で見つかる“輪廻転生の証拠”の数々
●肉体と霊体は“光のコード”で結ばれている
●“来世の行き先”は、こうして決定される
●死にきれなかった魂――“地縛霊”と“浮遊霊”

現代科学では、「“死後の世界”は存在しない」
と考えられている。はたして、本当にそうなのか?
否!
古今東西、死後の世界にまつわる不思議な
体験談や証言は、数えきれぬほど残されている。
我々は死後、一体どうなるのか?
“あの世“とは、どのようなところなのだろうか。
本書では、この人類普遍の壮大なる問いを、
あらゆる角度から検証し、答えを導き出していこう。

並木伸一郎