老年を愉しむ10の発見―ドイツ流「穏やかに生き抜く」哲学

個数:

老年を愉しむ10の発見―ドイツ流「穏やかに生き抜く」哲学

  • ウェブストアに77冊在庫がございます。(2017年10月22日 06時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784837957812
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

目次

1章 人生には「さまざまな段階」がある
2章 自分に起こる「変化」と折り合いをつける
3章 「心穏やかに生きる」のに欠かせないもの
4章 「受け入れ、愛せる」人
5章 アクシデントとどう向き合うか
6章 「触れ合う」ことで満たされていく
7章 人生を豊かにする「つながり」
8章 深い思慮がもたらすもの
9章 「そのとき」を迎える心構え
10章 「生きる意味」について

著者紹介

シュミット,ヴィルヘルム[シュミット,ヴィルヘルム] [Schmid,Wilhelm]
1953年生まれ。ベルリン在住。著作や講演に加え、国内外の大学で教鞭をとり、病院で「人生に悩む人々の心のケア」も行なう哲学者。人生哲学に関する著作と活動の功績により、Meckatzer哲学賞などをはじめ受賞歴多数

養老孟司[ヨウロウタケシ]
1937年鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。東京大学医学部教授を退官した後、1998年より同大学名誉教授。専門の解剖学をはじめ、科学、哲学、宗教、文学、文化論など広く評論活動を行なう

津崎正行[ツザキマサユキ]
1973年、東京都生まれ。近代ドイツ演劇を専攻。慶應義塾大学大学院文学研究科独文学専攻博士課程を経て、慶應義塾大学、東京理科大学などで教鞭をとる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ドイツ『シュピーゲル』誌で
18週にわたりベストセラー1位の話題の書!
年を重ねる中で得ていく
「落ち着き(Gelassenheit)」とは何か。

私は「アンチ・エイジング」より
「アート・オブ・エイジング(年をとる術)」を
身につけることが大切だと思う。
これは、老化というプロセスを拒否するものではなく、
それとともに生きるための術である。
 ――ヴィルヘルム・シュミット

・これから得られる「豊かな実り」とは
・自分に起こる「変化」と折り合いをつける
・「それまでの積み重ね」が花開くとき
・「心穏やかに生きる」のに欠かせないもの

解説・養老孟司(東京大学名誉教授)
「それはどうせ、やがては通るはずの道なのだ」