またすぐに!会いたくなる人の話し方

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

またすぐに!会いたくなる人の話し方

  • 野口 敏【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 三笠書房(2022/03発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 70pt
  • ウェブストアに50冊在庫がございます。(2024年07月14日 00時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784837928874
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0030

出版社内容情報

仕事に、SNSに、今すぐ活用できる
「相手を主人公にして話す」という全く新しいスキル!

相手がどんどん乗ってきて、
新鮮なエピソードがポンポン飛び出す
「そのまま使える」フレーズも満載!

◇「お話の続きをぜひお聞かせください」はキラーワード
◇相手の“努力”に注目!「けっこう、頑張ったんじゃないの?」
◇話題選びが難しい時は「ご苦労もおありでしょう」で決まり!


【著者より】

人は、誰もが「自分の存在」を認めてほしいもの。
だから、あなたが意識を変え、相手を思い、
その人を主人公にして「あなたは?」という会話を
多くしたとたん、相手の態度は一変します。

職場や取引先、会合ではもちろん、
ちょっとした雑談でも、ママ友との集まりでも
話が盛り上がり、婚活では相手の心をつかむ…。
あなたの人間関係も、劇的に変化していくのです。

内容説明

「相手を主人公にして話す」という全く新しいスキル!「お話の続きをぜひお聞かせください」こんなキラーワードが満載!仕事に、SNSに、すぐ活用できる!そのまま使えば人の心わしづかみ!相手がどんどん乗ってくる!新鮮なエピソードがポンポン飛び出す!

目次

1章 ピンチが成功に変わる!相手を主人公にした話し方―誰もが驚く!人生を逆転させた実例集
2章 あなたは忘れがたい人になる―ほめ言葉よりうれしい、「相手を話題にする」効果
3章 「いいエピソード」が引き出せる最新の話術―どんな人でも前のめりになって話しはじめる
4章 こんなことを言われたら、誰もがあなたを好きになる―「また会いたい」と思われる人が大切にしている習慣
5章 人の心をわしづかみにする禁断の話術―「力のある人」をいい気分にし、目をかけてもらうには
6章 エピソードの絶妙な引き出し方―相手が思わず話しだす、その「きっかけの言葉」とは
7章 LINEやSNS 相手に喜んでもらえるメッセージ―返事がすぐ来て内容が濃くなる
8章 「他の人とは違う!」センスが輝く伝え方―店や車ではなく相手をほめる「言い換え術」
9章 周りの人がどんどん「自分の味方」になる話し方―なぜか応援したくなるのは、こんな人
10章 大切な人に愛情が伝わる話し方―相手を思いやれば、全部まあるく収まる!うまくいく!

著者等紹介

野口敏[ノグチサトシ]
1959年生まれ。(株)グッドコミュニケーション代表取締役。関西大学経済学部卒。「TALK&トークコミュニケーションスクール」を主宰し、大阪、東京でコミュニケーション講座を開催。習ってすぐにうまくなるをテーマに、雑談力、スピーチ力、説明力UPの講座を開く。公式YouTubeチャンネルでは、定期的にライブ配信も行なっている。またZOOMでのリモートレッスンも開き、全国から生徒が絶えない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さばずし2487398

26
相手を主役に。これは良き会話の鉄則。しかしこれができそうでできない。本書は更に一歩踏み込んだ会話例が状況別に紹介、なるほどと理解度が上がった。いい店ですね→いい店をご存知ですね。すごい会社ですね→さすが〇〇さんが働いている会社ですね。楽しかった→あなたがいたから楽しかった…これらの違い。これがすぐに出てくるのは、いかに相手の立場というか相手そのものに自分がなりきり、自分の存在は消せているある意味無我の状態だと思う(その姿勢の本来の動機はさておき)。もっとも自分が言われたいか否か、これも相手にもよるかも…2024/06/16

ゆう

13
具体例がたくさんあって参考になる。読んでるだけで優しい気持ちになれた。 「いい店ですね」→「いい店をご存じですね」 「素敵な人が周りにいて羨ましい」→「これもあなたのお人柄ですね」 ほんの少し言い方を変えるだけで印象が変わる。会話で一番大切なのは相手の気持ちを思うこと。 常に心がける様にしよう2023/03/19

のぐ

3
新しい会社での勤務が始まる前にと読んだ。時々大げさに感じる表現もあるなと思いつつ、"相手を主役に"という点でぶれず、具体例を交えてコミュニケーションを教えてくれた。2023/11/30

‍しき

3
常に相手を主語にして話す! 相手視点になって、状況を想像する。 話した内容をメモを取り、次の回に話題に出す。 会話泥棒しない。自分のことは長く話し過ぎない。 2022/07/24

☆ツイテル☆

3
フライヤー2022/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19325218
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。