ビタミン文庫<br> あきらめないで!耳鳴りは1分でよくなる

個数:

ビタミン文庫
あきらめないで!耳鳴りは1分でよくなる

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2017年01月18日 07時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784837612964
  • NDC分類 496.6

内容説明

「耳鳴りは治らないから、上手につきあっていきましょう」これは、多くの医師の常套句です。すると、多くの患者さんは「耳鳴りは治らない」と、あきらめてしまいます。しかし、耳鳴りは改善できない症状ではありません。耳鳴りには原因があり、それに則したケアを行えば、今ある音の9割は、耳鳴りを小さくできるのです。本書では、耳鳴りのセルフケアと、耳鳴りを1分でよくする「鼓室内注入療法」など、最新治療も紹介しています。

目次

第1章 あなたの耳鳴りはどこからきている?―原因を突き止めよう(耳鳴り治療の「3原則」;ゼロはない。でも9割は軽減できる ほか)
第2章 耳鳴りを小さくするセルフケア(内耳からくる耳鳴りは聴力低下やめまいとセット;力んだひょうしに起こる耳鳴りもある ほか)
第3章 耳鳴り治療の最前線―今注目の鼓室内注入療法(「耳鳴りはあきらめなさい」という医師とは縁を切る;初診の前に準備しておくこと ほか)
第4章 耳鳴りが改善した体験者の手記(「ジー、ジー」という大音量の耳鳴りが日常生活では気にならない;大音量のせいで始まった「ピー」という金属音が軽減 ほか)
第5章 耳鳴りなんでもQ&A(耳鳴りによい食べ物は?;避けたほうがよい食べ物は? ほか)

著者紹介

坂田英明[サカタヒデアキ]
1988年、埼玉医科大学卒業。1991年、帝京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手。ドイツ・マグデブルグ大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長を経て、2008年より目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授。2016年より川越耳科学クリニック院長。日本大学歯学部小児歯科兼任講師。一般社団法人あさひ国際医科学研究所代表。NPO法人第8神経を考える会代表。日本小児耳鼻科学会評議員。日本耳科学会代議員。日本聴覚医学会代議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

本書では「四股踏み」などのセルフケアや、耳鳴りを1分でよくする「鼓室内注入療法」などの最新治療も紹介。まさに耳鳴り治療の決定「耳鳴りは治らない」と、あきらめないでほしい。
 耳鳴りの苦しみの根源は、耳の中で鳴り響く、うるさい音にあります。さらに、耳鳴りでお悩みのかたを苦しめるのが、医師を含めた「周囲の理解のなさ」です。
「耳鳴りは治らないから、上手につきあっていきましょう」
 これは、多くの医師の常套句です。ただし、この発言は、その医師が「耳鳴りの真実」を、何も知らないためともいえます。しかし、医師にそういわれたら、患者さんはその言葉を信じるでしょう。
 こうして多くの患者さんは、「耳鳴りは治らない」と、あきらめるわけです。
 しかし、耳鳴りは改善できない症状ではありません。
 耳鳴りには原因があり、それに則したケアを行えば、今ある耳鳴りの9割は、小さくできるでしょう。
 本書では、耳鳴りのセルフケアとともに、今注目の治療法である、耳鳴りを1分でよくする「鼓室内注入療法」など、最新治療も紹介しています。


第1章: あなたの耳鳴りはどこからきている? ‾原因を突き止めよう‾
第2章: 耳鳴りを小さくするセルフケア
第3章: 耳鳴り治療の最前線?今注目の鼓室内注入療法‾
第4章: 耳鳴りが改善した体験者の手記
第5章: 耳鳴りなんでもQ&A



坂田英明[サカタヒデアキ]
1988年、埼玉医科大学卒業。91年、帝京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手。ドイツ・マグデブルグ大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長を経て、2008年より目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授。2016年より川越耳科学クリニック院長。日本大学歯学部小児歯科兼任講師。日本小児耳鼻科学会評議員。日本耳科学会代議員。日本聴覚医学会代議員。