手紙・絵画・写真でたどるオスカー・ワイルドの軌跡

個数:
電子版価格
¥3,630
  • 電書あり

手紙・絵画・写真でたどるオスカー・ワイルドの軌跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 13時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 160p/高さ 19X26cm
  • 商品コード 9784837306962
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0090

出版社内容情報

「「私は誰かのことを崇拝したことなどありません。自分以外は」

『サロメ』『幸福な王子』『ドリアン・グレイの肖像』など、
数々の著作と名句で知られるオスカー・ワイルド。
本書は、ビアズリー、ロートレック、風刺画家マックス・ビアボームが
描いたワイルドのスケッチなど豊富な図版と共に、作家本人と
彼をとりまく人々の言葉を通して、唯美主義者オスカー・ワイルドの
生涯をたどるビジュアル伝記である。

イラストレーターのチャールズ・リケッツとの舞台の仕事、
作家アンドレ・ジッドとの友情や画家ホイッスラーとの確執……
分野を越境するワイルドの交流は、彼が生きた世紀末芸術の世界をも
立体的に浮かび上がらせる。

恋人ボウジーの父・クイーンズベリー侯爵を筆頭とする
“保守的なイギリス社会”との戦いや、猥褻罪による逮捕と
同性愛裁判後の日々の克明な記録も必読。
世紀末に常識と偽善を鋭く突いたワイルドが語り、書いた
彼自身の物語は今もなお、鳴り響いている。

【川本直さん(小説家・文芸評論家)推薦文】
世紀末芸術の異端児オスカー・ワイルドの美と反逆に彩られた生涯をたどる絢爛たる絵巻。この豪奢な書物はワイルドの愛読者必携であり、ワイルド入門としても最良の書である。