自然界の中の人間圏の在り様―半導体の現象学的視点からの批判

自然界の中の人間圏の在り様―半導体の現象学的視点からの批判

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784835563220
  • NDC分類 104
  • Cコード C0095

内容説明

大手電気メーカーで半導体製品の開発に従事してきた著者がそこで見た虚偽と矛盾の本質を精緻な哲学的文体で剔抉した渾身の書。

目次

第1章 「社会的生活」編
第2章 「半導体物理」編
第3章 「物質的生き物」編
第4章 「人間として」編

著者等紹介

荒木稔[アラキミノル]
1947年大阪府生まれ。1971年名古屋工業大学電子工学科卒業。某電気会社に就職、半導体装置の製造方法開発に従事。2003年退社。現在、横浜市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。