こどものとも絵本<br> まじょのすいぞくかん

個数:

こどものとも絵本
まじょのすいぞくかん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月26日 21時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 20X27cm
  • 商品コード 9784834087321
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

女の子とイヌが森の中を歩いていると、ただの原っぱだったはずの場所に、いきなり水族館が建っていました。水槽の中にはヘンテコな魚たちがいっぱい。実はそれは、魔女によって姿を変えられた動物たちだったのです。さあ、急いでみんなを救い出さなくては。早くしないと、自分たちも魚に変えられてしまう! ハラハラ・ドキドキとユーモアがたっぷりつまった物語。佐々木マキさんによる人気作『まじょの かんづめ』の続編です。

内容説明

わるい魔女から動物たちを救えるか!?読んであげるなら4才から、自分で読むなら小学校初級むき。

著者等紹介

佐々木マキ[ササキマキ]
1946年、神戸市生まれ。マンガ家、イラストレーター、絵本作家。『へろへろおじさん』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。京都市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

18
佐々木マキさんらしいナンセンス絵本です。生き物をサカナに変えてしまう魔法の水、ちょっとブラックです。2024/02/25

ツキノ

16
【なんだかへんよ、このすいぞくかん】2023年9月発行、2000年8月「月刊こどものとも」。もりの中に突如建っていた「もりのすてきなすいぞくかん」。中はうすぐらく、すいそうのなかでゆらゆらしているのは…水槽の中から声が聞こえ、そのとおりにしてみると!まじょの手の指がまさにそれっぽくて怖い。「マジョイカモドキ」とぶたが命名。最初に落ちていたはがきの謎も解ける。まじょが持っているふたつの紙袋はなに?『まじょのかんずめ』も再読したい。【97】2024/04/06

Cinejazz

12
〝 女の子と犬が、いつものように森へ遊びに行くと、ただの原っぱだったはずの場所に、「水族館」が建っていた。 そっと中に入ってみると、そこには水槽が並んでいて、ヘンテコな魚たちが泳いでいた! よく見ると象みたいに長い鼻が付いていたり、豚みたいな顔をしていたり! どうやら普通の水族館ではなさそう。するとどこからか、「タスケテクレエ!」という声が聞こえてきた!...実はそれ、悪い「魔女」によって、魚に姿を変えられた動物たちだった・・・〟<佐々木マキ>さんの『まじょの かんづめ』続編で、缶詰が水族館に・・・!🐙2024/04/07

ロイヤルミルクティ

9
『まじょのかんづめ』のシリーズなのかな。この世界観が好きだなぁ。2023/07/27

そらこ

7
女の子と犬が森の中で、前にはなかった水族館を発見。不思議な生き物たちが水槽のなかにいたけれど「たすけてくれえ」という小さな声が聞こえる。この生き物たちはどうしたのか。生き物たちを救うには?『まじょのかんづめ』と同じ登場人物と同じ展開。でも、水族館のほうがどんでん返しが鮮やかで面白い。それにしても、バーゲンセールの好きな魔女だ。読み聞かせ7-8分 年長から2023/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21413375
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。