世界傑作絵本シリーズ ブルガリアの昔話<br> いのちの水―ブルガリアの昔話

個数:

世界傑作絵本シリーズ ブルガリアの昔話
いのちの水―ブルガリアの昔話

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月25日 10時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784834086560
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

永遠のいのちが得られる水を探し旅立った、三人の王子。勇敢な末の王子はドラゴンの親子や銀の魚、金の鳥を助け、水がある城にたどりつきます。そこで美しい水の精に水を授けられますが、兄たちに水を奪われます。失意の王子を助けにきたのは、金の鳥でした―。八百板洋子さんが現地で直接語り部から聞いた、ブルガリアで特に人気がある昔話です。現地を代表する絵本作家が描き下ろしたファンタジックな絵と共にお楽しみください。

内容説明

永遠の命をもたらす水を求めて旅立った三人の王子。ドラゴンや金の鳥にみちびかれ、水を手にするのはだれか―ブルガリアで愛される、ファンタジックな昔話。ヨーロッパの東に位置し、東西の文化が入り交じるブルガリア。現地の語り部から著者が採話した「いのちの水」をめぐる昔話を、ブルガリアを代表する絵本作家が描きおろした絵と共にお楽しみください。読んであげるなら5才から、じぶんで読むなら小学校低学年から。

著者等紹介

八百板洋子[ヤオイタヨウコ]
1946年、福島県生まれ。ソフィア大学大学院に留学。『ふたつの情念―ヤーヴォロフ詩集』(新読書社)、『吸血鬼の花よめ―ブルガリアの昔話』(福音館書店)でそれぞれ日本翻訳文化賞を受賞。『ソフィアの白いばら』(福音館書店)で産経児童出版文化賞、日本エッセイストクラブ賞を受賞。『猫魔ヶ岳の妖怪』(福音館書店)で産経児童出版文化賞美術賞、『金の鳥』(BL出版)で日本絵本賞を受賞。2011年、ブルガリア共和国文化省より文化功労賞をうける

バルカノフ,ベネリン[バルカノフ,ベネリン] [Valkanov,Venelin]
1942年、ブルガリア生まれ。ソフィアの国立芸術アカデミーを卒業後、絵本作家・イラストレーターとして、ブルガリアで20冊以上の書籍の刊行にたずさわる。それらの作品は、日本、韓国、ドイツ、ポーランド、チェコ、エストニア、ロシア、キューバなどで翻訳されている。ブルガリア国内外の子どもたちのための絵画展やビエンナーレにも参加。2000年に国際アンデルセン賞のオナーリストに選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko@猫毛まみれ

65
リア王みたいなお話。3人の王子は王様にある事を頼まsれるが悪巧みする長男次男は弟を蔑ろにする。ところが、、、長男はどう見てもオジサンで王子とは呼べない風貌wブルガリアの絵本です。2023/04/14

chiaki

38
ブルガリアの昔ばなし。人間と精霊との異類婚姻譚。王さまの願いである永遠の命を与えてくれる水を探しに旅に出た3兄弟。ここは昔ばなしあるあるの末の王子がいのちの水を得るのだが、この手柄を上の兄が阻み横取りします。この性悪の兄らに、わが家の姉妹たちは怒り狂って暴言を吐きまくり。でも最後はさすが昔ばなし。勧善懲悪の展開に「おもしろかったー!」と子どもたちも大満足でした。2022/07/05

みつばちい

26
ブルガリアの昔話。永遠の命をもたらす水を取りに行くよう父である国王に命じられ、旅に出る3兄弟。3本の分かれ道に差し掛かったときには、安全な道を兄たちに譲り生きては戻れない道を自分が進むことにした末子。様々な生き物を助けながら水の精に出会うが…。ずる賢い兄達や不思議な生き物、魅力的な主人公など昔話の良さが詰まった絵本。挿絵が個性的。2022/09/03

ヒラP@ehon.gohon

21
3人の兄弟が、いのちの水を求めてそれぞれの道を旅に出ていきます。 末の王子の活躍ばかりのお話で、上のお兄さんたちは良いとこどりの悪だくみ。 長男である私には末っ子最上主義的パターンはあまりうれしくないのですが、展開が簡潔すぎて、末の王子もあまり苦労していないところが、物足りなく感じました。 絵も残念ながら好みではありませんでした。2022/11/25

おはなし会 芽ぶっく 

17
ブルガリアの昔話。 永遠の命を与えてくれる水を求めて、王さまは3人の王子に命じます。3人がそれぞれ別の道を歩み、末の王子が水を手にしますが、二人の兄王子は自分の手柄にしてしまいます…。2022/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19398919
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。