世界傑作童話シリーズ<br> 野生のロボット

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界傑作童話シリーズ
野生のロボット

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月18日 13時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784834083569
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

無人島に流れついたロボット=ロズは、生きぬくために、野生動物たちにとけこもうとするが……。あらしの夜、五つの木箱が無人島に流れついた。中にはどれも新品のロボットが一体ずつ入っていたが、こわれずに無事だったのは一体だけだった。偶然スイッチが入り起動したロボット=ロズは、島で生きぬくために、野生動物たちを観察することでサバイバル術を学んでいく。はじめはロズを怪物よばわりしていた動物たちだったが、ひょんなことからガンの赤ちゃんの母親がわりとなったロズが子育てに孤軍奮闘する姿を見て、しだいに心をひらいていく。すっかり野生のロボットとなったロズのもとに、ある日、不気味な飛行船がやってきた……。

ピーター・ブラウン[ピーター・ブラウン]
著・文・その他/イラスト

前沢明枝[マエザワアキエ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

210
小4の娘が一人読みした。とても面白かったとのことなのでパパも読んでみた。確かに、ロボットと動物の違いも書かれるが共通点の多いこと。ロボットに共感できて、ぐいぐいと引き込まれるところが面白い。最後は尻切れトンボに見えるが、いろいろに想像を膨らませられる計算された終わり方だと思う。児童文学だけど、どこか哲学を感じさせる。2020/06/09

やま

104
動物の言葉を話し、鴈の子供を育てるロボット「ロズ」の物語です。ロズは、無人島の浜辺で目を覚ました時は、ただの機械で、プログラムされた通りにしか動けなかったが、鴈の子供キラリを育てるために奮闘するうちに動物の言葉を話し、動物たちの仲間になってキラリを育てていきます。まさに子育てによって機械から野生になったロボットの物語です。ロズの子育てを通して、人は、一人では生きて行けません。多くの仲間と一緒になって楽しく生きて行くことを物語は語っています。字の大きさは…大。2021.10.19~20読了。★★★☆☆2021/10/20

☆よいこ

70
無人島に流れ着いた一体のロボット。自分を守らなければならないという自己防衛プログラムにより行動する。たくましく生きる動物たちを見習い、野生化していくロボット。最初は怪物と恐れられたロボットが、ガンの子どもを育てるうちに動物たちと打ち解けていく。終盤のアクションシーンはまるでターミネーターのようだった。▽自己防衛プログラムなのに、ロボットの行動が思いやりや優しさに見えてくる不思議。切なくなった。読みやすい。児童書、高学年~。ピクサーとかでアニメ化しそうな内容。2019/01/25

はる

67
無人島に流れ着いたロボット・ロズ。ロズは生まれて初めて島の動物たちと出会い、様々なことを学んでいく。また動物たちも初めはロズを恐れて近づかなかったが、ロズの優しさに触れ次第に心を開いていく…。イラストレーターでもある作者の初の児童書。さすがに挿絵はセンスの良さを感じます。ちょっとラピュタのロボット兵みたい。ひょんなことから育てることになった雁のヒナとの愛情が微笑ましい。クライマックスはハラハラする展開で楽しめました。ただ正直言えば設定はとても魅力的なので、もう少し面白く出来たかなあ、という気もします。2018/12/18

アナーキー靴下

37
自然の中に置き去りにされたロボットが、動物たちとの交流を通じて成長していく物語。1章1章は短く、子供向けの童話的な話であるのに、物語のその後を想像するとまったく違って見えてくる。優しく健気な主人公のロボットに共感し、感情移入し、応援しながら読み、ラストもハッピーエンドを願ってやまないが、それは我が身をわきまえぬ胡蝶の夢、噛むことでしか恩を返せない毒蛇への深情けだ。人間に作られた存在でありながら野生、つまり自然の象徴ともいえるロボットと、現実の私がいる場所との隔たり。私にとってのハッピーエンドは何だろう。2020/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13184477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。