日本傑作絵本シリーズ<br> 手おけのふくろう

個数:

日本傑作絵本シリーズ
手おけのふくろう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月13日 18時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/ページ数 48p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784834083408
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

出版社内容情報

民家の軒先に吊された手おけを巣にして、雨風をしのぎ、天敵から身を守りながら、3羽のヒナを巣立ちに導くふくろう夫婦の物語。北国の里山でのお話しです。毎年、民家の脇にある古い桜の木のうろで、子育てをするふくろう夫婦がいました。ところが、ある年の冬、大雪が降ってその桜の木が倒れてしまいます。困った夫婦は、民家の軒先に吊された手おけを見つけ、そこを巣にします。時には雪やみぞれが吹き込み、天敵のハクビシンにも狙われるという悪条件の中、それらを乗り越えて、3羽のヒナを巣立ちに導くまでを描きます。

ひらののぶあき[ヒラノノブアキ]
ひらののぶあき 1959年、東京に生まれる。1982年、動物雑誌「アニマ」で写真家としてデビュー。テレビの取材にも携わり、アフリカ、アジアなどをめぐる。1991年より2年間、ロシア極東のサハリンで家族とともに暮らし、ロシア最北部の北極圏を取材。1997年、映像制作企画会社「つばめプロ」を設立。主にNHKの自然番組の制作を手掛ける。著書に『小鳥のくる水場』『チョウゲンボウ・優しき猛禽』(以上、平凡社)、『野鳥記』『ブナの森は宝の山』(以上、福音館書店)、『身近な鳥の図鑑』(ポプラ社)などがある。

あべ弘士[アベヒロシ]
あべ弘士 1948年、北海道旭川市に生まれる。旭山動物園で飼育係として25年間勤務した後、絵本を中心とした創作活動をしている。主な作品に『雪の上のなぞのあしあと』『どうぶつえんガイド』『からだのなかでドゥン ドゥン ドゥン』『絵とき ゾウの時間とネズミの時間』『くじらのあかちゃん おおきくなあれ』(以上、福音館書店)、『あらしのよるに』『エゾオオカミ物語』(以上、講談社)、『あべ弘士 どうぶつ友情辞典』(クレヨンハウス)などがある。