世界傑作童話シリーズ<br> オンネリとアンネリのふゆ

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

世界傑作童話シリーズ
オンネリとアンネリのふゆ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月24日 17時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784834081923
  • NDC分類 K993
  • Cコード C8797

出版社内容情報

11月のある日、なかよしのオンネリとアンネリのもとに小さな家族が薔薇乃木夫人をたずねてきました。フィンランドの冬の物語。『オンネリとアンネリのおうち』で小さな可愛いおうちを手に入れたオンネリとアンネリのもとに、11月のある日、ショーララと名乗る小さな家族が薔薇乃木夫人をたずねてきました。彼らは、彼らをつかまえようとする悪い人間たちから逃げているといいます。そこでふたりは、夫人が見つかるまで、家にかくまうことにしました。はたして、彼らを守ることができるのでしょうか。フィンランド生まれの、ハラハラドキドキの冬の物語。

クレンニエミ・マリヤッタ[マリヤッタクレンニエミ]
クレンニエミ・マリヤッタ 1918年生まれ。1946年に『赤蟻プッケの冒険』でデビュー。やがて30作品を著し、そのうち5作品で自国フィンランドをはじめ、北欧の児童文学賞を受賞。また、200作品にものぼる海外児童文学の翻訳等も手がけている。第一作『オンネリとアンネリのおうち』(福音館書店)は1966年に出版され、後に本作『オンネリとアンネリのふゆ』(1968年)と他2作品がシリーズとして発表された。2004年没。

カルマ・マイヤ[マイヤカルマ]
カルマ・マイヤ 1914年生まれ。1938年にヘルシンキのアテネウム美術院で美術の教師としての教育を受け、その後、フィンランドのおとぎ話の挿絵を描き、芸術家としての道を歩むことに。絵本や児童書を中心に、挿絵やカバーのイラストを100作品以上手がけている。鉛筆画、また水彩画や墨絵等、特徴的で印象深い作品が多く、特にトペリウスのおとぎ話への挿絵は、国際的に知られている。1999年没。

渡部翠[ワタナベミドリ]
渡部翠 日本・フィンランド文学協会副会長。長きにわたり、夫でフィンランド文学の権威として知られる故・高橋静男氏とともに、フィンランド文学の研究と紹介につとめてきた。おもな訳書に、ユリヨ・コッコ著『羽根をなくした妖精』(晶文社)、トペリウス著『星のひとみ』(集英社)、トーベ・ヤンソン著『少女ソフィアの夏』、ムーミン絵本『さびしがりやのクニット』『ムーミンママのお料理の本』『ムーミン谷の名言集』『ちびのミイの名言集』『ムーミンやしきはひみつのにおい』(以上講談社)等の数多くの翻訳、監修を手がけている。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アクビちゃん

54
【図書館】はぁ(*˘︶˘*).。.:*♡ この本は、小学生の頃に出会いたかったー!!小さい人たち(と、言うとショーララ一家は怒るかもしれませんね)が、自分たちにピッタリの家を薔薇之木婦人に紹介してもらう為に、オンネリとアンネリの、おうちに訪ねてきます。薔薇之木婦人と連絡がとれるまで、ドールハウスで暮らしはじめるます。北欧の冬は厳しいけれど、暮らしぶりの中に、家族団欒の温かさを感じて、ほのぼのします。ちょっとした事件が起きるのも、お話しのスパイスになっています。2019/12/01

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

39
オンネリとアンネリの続編。今回は冬バージョン。小さな家族ショーララー一家との触れ合いが楽しそうでした。私も豪華なドールハウスに住んでみたい。この本読了後、映画も観ましたが本当に可愛い。2022/03/05

花林糖

21
「オンネリとアンネリ」シリーズ2冊目。薔薇横丁2番地の可愛いお家に住む二人の元へ、可愛いお客さんが訪ねて来たお話。1作目同様に設定も挿絵も可愛い。今作に出てくるドールハウスが子供の頃に欲しかった!謎な薔薇乃木夫人の正体が知りたい。このシリーズの残り2作も出版されるといいな。2016/12/04

ツキノ

18
オンネリとアンネリシリーズの続きが読めるなんて…!福音館書店が復刊してくれたおかげです。この作品もまた、なんともおもしろい。ハラハラドキドキしてしまった。さらにつづきが読めそうでわくわくする。女の子にはぜひ読んでもらいたい。現役の女の子のうちに!元女の子にももちろんいいのだけれど。話に入り込めるので自分の年齢とかは吹っ飛んでしまうから。2016/12/08

南北

16
「オンネリとアンネリのおうち」から半年後の冬から春にかけてのお話です。こちらも前作同様楽しい内容になっています。こちらも映画化されたので、比べてみるといろいろと違いがあることがわかります。フィンランドといえば誰もが知っている作品が書名だけ出てきたりもします。2018/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11201204
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。