世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本<br> つちづくりにわづくり

個数:

世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本
つちづくりにわづくり

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2019年01月22日 06時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 49p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784834081534
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

おにわはみどりでいっぱい―はっぱやあたらしくのびため。ぐんぐんそだつやさい。あまくじゅくすみ。いっぽうで、じめんやつちのなかは、おおいそがしです。ミミズはあなをほり、ヘビはえものをつかまえ、スカンクはごそごそとむしさがし。ほかにも、たくさんのいきものがくらしています。すてきなえがいっぱいのこのえほんをひらくと、おどろきますよ。えだのすきまやはっぱのかげで、みんなだいかつやく。ほら、じめんのすぐそこにも…。5才から。

著者等紹介

メスナー,ケイト[メスナー,ケイト] [Messner,Kate]
E.B.ホワイト賞を受賞した『ゆきのうえゆきのした』(小梨直訳/福音館書店)など、若い読者向けにたくさんの著作がある。家族とともにニューヨークの北にあるシャンプレーン湖畔に暮らす

ニール,クリストファー・サイラス[ニール,クリストファーサイラス] [Neal,Christopher Silas]
『ゆきのうえゆきのした』でE.B.ホワイト賞を受賞。イラストレーターとして書籍や雑誌で活躍し、テレビでもとりあげられた。ニューヨークタイムズ紙で定期的に仕事をし、作品は全米各地のギャラリーで紹介されている。ブルックリンに自宅と仕事場があり、私立美術大学プラット・インスティテュートで教えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

四季の移り変わりの中で、植物が生長し、虫や小鳥たちが躍動する姿を、人間との関わりの中で描きます。植物と動物の共生の物語。春の初め。お庭に立って女の子とおばあちゃんが何を植えようか思案中。雪がとけた土の中では、ミミズや虫たちが土を耕しています。土が乾いて暖かくなると、いよいよ種まき。初夏にはニンジンが芽を出し、エンドウが花をつけます。夏になってキュウリの花が咲き、トマトが実り、秋にはカボチャが色づきます。この間、ミツバチが花粉を運び、コマツグミはハムシをついばんでいる…。植物と動物の共生を、人間との関わりの中で描きます。

ケイト・メスナー[メスナーケイト]
E.B.ホワイト賞を受賞した『ゆきのうえ ゆきのした』(福音館書店)など、若い読者向けにたくさんの著作がある。家族とともにニューヨークの北にあるシャンプレーン湖畔に暮らし、趣味はアウトドアで活動すること。余暇にはクロスカントリースキーやハイキング、スイミング、庭仕事などを楽しんでいる。

クリストファー・サイラス・ニール[サイラスニールクリストファー]
『ゆきのうえ ゆきのした』でE.B.ホワイト賞を受賞。イラストレーターとして書籍や雑誌で活躍し、テレビでも取り上げられた。ニューヨークタイムズ紙で定期的に仕事をし、作品は全米各地のギャラリーで紹介されている。ブルックリンに自宅と仕事場があり、私立美術大学プラット・インスティテュートで教えている。絵本に『どこかで だれかが ねむくなる』(福音館書店)や『ライフタイム』(ポプラ社)など。

小梨直[コナシナオ]
東京生まれ。2000年より長野県在住。主な訳書に『リバウンド』『シフト』(以上、福音館書店)、『地球のこどもたちへ』(小学館)、『図書室からはじまる愛』(白水社)、『いぬはミステリー』(新潮社)、『プロヴァンスの贈り物』『これ、食べていいの?』『世界のおばあちゃん料理』(以上、河出書房新社)など多数。