• ポイントキャンペーン

0.1.2.えほん
ころころ にゃーん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 21cm
  • 商品コード 9784834026597
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

内容説明

小さな玉がころころ転がるうちに耳があらわれて「にゃーん」と鳴きました。今度は大きな玉が転がってきて…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kawai Hideki

88
「ごろごろにゃーん」のつもりで予約していたら、間違ってしまった。とはいえ、長新太の遺作ということで、神妙な気持ちで拝見した。ネコの背中にのぼってくる謎のコロコロ。最初はかわいいのがにゃーんと言うだけだったのだが・・・あー、びっくりした。2014/08/02

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

63
2006年4月発行。〈ナンセンスの神様〉とも言われ、理屈より感性に訴える絵本を描き続けてきた長新太さんの遺作だそうです。のんびりと寝転んでいる猫の背中に謎の球体が転がってきます。毛糸? ボール? 三角の耳が出てきて……なんと子猫でした。ころころ にゃーんにゃーん。ころころころ にゃーんにゃーんにゃーん。すべてがショッキングピンク一色で描かれています。大人が読んだらシュールと呼ぶしかない不思議なリズムが心地よい絵本。実は『ごろごろにゃーん』と間違えて読んだのですが、これも長さんしか描けない世界だと思います。2014/12/18

Natsuki

62
長新太さんの遺作になるそうです(ノ_・。)『ごろごろにゃーん』に比べて対象年齢をぐぐっと下げてきたこちらの『ころころにゃーん』全編ピンク色のサインペン画なのかな?猫の背中を1つ2つ3つところころやってきてはにゃーんといった具合に微笑ましい♪とゆるゆるしていたら、最後にやられました(笑)余談ですが、この本を図書館に借りに行った時のこと。貸出カウンターで、司書のおじいさんが「ころころにゃーん」とつぶやき、1ページずつ何かを確かめるようにめくり始めました・・・最後まで。ねぇ、今読んでたよね?心の中で叫びました。2015/10/25

♪みどりpiyopiyo♪

55
のんびりと寝そべるネコの上を ころころ転がってきたのは何でしょう?♡ ■長新太さんの「ごろごろにゃーん」が大好きなので、「ころころにゃーん」も読んでみました。こちらもおもしろかわいいです (ღ′◡‵) ■長新太さんの絵本はどれも、お話があるのに なんだか不思議とナンセンスで、読むとにっこりしちゃいます♪ この本は赤ちゃんから楽しめる感じ。鮮やかな赤いフェルトペン1本で、ねこさんの 気持ちも 毛並みも 生き生きしていて楽しいです(ღ′◡‵)(2005年)2016/10/28

ぶんこ

54
赤というかピンクっぽいえんじ色一色で描かれた絵本。ブルーナのちいさなうさこちゃんを思い出しました。昔我が家に遊びに来た幼稚園児たちが夢中になって読んでいたので、意外と5〜6歳になっても単純な絵本に興味を持つと驚きました。この本も単純だけれど意外な年齢層に喜ばれるのではないでしょうか。お母さん猫と同じくらい、私も猫に背中を横切られたりお座りされた時は超ラッキーと嬉しかったです。2017/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3060584

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。