旅の絵本〈7〉

個数:

旅の絵本〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 13時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 56p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834024630
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

著者等紹介

安野光雅[アンノミツマサ]
1926年、島根県津和野町に生まれる。1974年、『ABCの本』(福音館書店)、『きりがみ桃太郎』(岩崎美術社)で芸術選奨文部大臣新人賞。他に、国際アンデルセン賞、菊池寛賞をはじめ、国内外の数多くの賞を受賞。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

135
旅の絵本シリーズの7作目は中国です。いままでのこのシリーズの本の絵とはかなりイメージが異なって、三国志や平家物語の絵を思い出しました。この本も前作と同じように解説がありわかりやすく感じました。隠し絵がないのである読者にとっては物足りない感じを受けるかもしれません。蛇足ですが紹興酒の紹興は都市の名前だったのですね。2016/05/04

Hideto-S@仮想書店 月舟書房

100
『旅の絵本』シリーズ第7作は中国が舞台。シリーズで初めて右綴じの装丁が採用されている。このシリーズの特色である映画や物語のキャラクターを絵の中に潜ませる手法はあまり使われていない。遊びの要素は少なくなって、シリーズの愛読者からは辛口のレビューが多いようだが、その分ゆったりと絵に向き合うことができた。摩天楼の見本市のようないまの中国ではなく、小さな村の風景と人々の営みが描かれて、後半になるに従って、風景が大きくなっていく。2009年9月初版。2016/04/17

yomineko@猫と共に生きる

72
昔の中国の風景。南船北馬🚢🐎成程!先生!桂林がちょっと違っているんですが(笑)とっても可愛くなっています😊寧夏回族自治区を通って行った万里の長城、懐かしい。ここでは嘉峪関を描いておられる。先生の絵と随分違った風景だった中国だが初めて自分のお金で行った海外がなので今でも本当に大好き。彼らの暖かいもてなしは一生忘れない。先生もきっと彼らから熱烈歓迎されたと思う。また行きたい!!!2023/08/30

かおりんご

27
絵本。今回の旅は中国。このシリーズにしては珍しい右めくり。解説があるので、わかりやすい。2021/09/26

Tadashi_N

22
中国を進む旅人は絵巻のごとく、右から左に移動している。2021/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/245110
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。