日本傑作絵本シリーズ
貝の子プチキュー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4変判/ページ数 1冊(ペ/高さ 29X31cm
  • 商品コード 9784834021431
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

内容説明

ゆたかな海、光り輝く星月夜…詩人・茨木のり子が残した生涯で唯一の絵本。きらめく宝石のような物語と絵画のハーモニー。

著者等紹介

茨木のり子[イバラギノリコ]
1926年、大阪に生まれる。帝国女子薬専(現・東邦大学薬学部)卒業。1950年ごろから詩作をはじめ、53年、川崎洋氏と同人詩誌「櫂」を創刊し、同誌にはその後、谷川俊太郎、大岡信、吉野弘、岸田衿子の各氏らが参加した。1955年に第一詩集『対話』(不知火社)を刊行後、現在まで数多くの著書がある。鋭い批判精神とヒューマニズムに裏打ちされたみずみずしい表現で戦後女性の生を歌い上げた日本の代表的な女性詩人。1991年に『韓国現代詩選』(花神社)で読売文学賞研究・翻訳賞を受賞、翻訳の枠を越えた仕事として評価された。2006年2月死去

山内ふじ江[ヤマウチフジエ]
1946年、栃木県に生まれる。東京芸術大学絵画科(油画)卒業。1969年、義兄にあたる木島始氏との、マザーグース『イギリスのわらべうた』(さ・え・ら書房)が絵本第一作目。また、月刊「母の友」(福音館書店)での挿絵は長期にわたって多数ある。神奈川県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。