福音館文庫<br> 太陽の木の枝―ジプシーのむかしばなし

個数:

福音館文庫
太陽の木の枝―ジプシーのむかしばなし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月24日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784834018837
  • NDC分類 K388
  • Cコード C8298

出版社内容情報

色彩感覚あふれるユニークな昔話が22編。どのお話にも、自由を尊び旅を最高の宝とする、ジプシーの魂が満ちています。(F-4)

<読んであげるなら>---
<自分で読むなら>小学中学年から

内容説明

ポーランドの高名なジプシー学者の手になる民話集。太陽・月・星のかがやくイメージが美しい「太陽の木の枝」、金の髪をした娘の悲恋を描いた「きりの国の王女」など、色彩感覚あふれるユニークなお話が二十二編。自由を尊び、旅を最高の宝とする誇り高いジプシーの魂がどのお話にも満ちている。小学校中級以上。

著者等紹介

フィツォフスキ,イェジー[フィツォフスキ,イェジー][Ficowski,Jerzy]
1924年に生まれた。ポーランドのジプシー学者・詩人・文学評論家。第二次大戦中の抵抗運動、ドイツ捕虜収容所生活を経て、戦後、祖国にもどった

内田莉莎子[ウチダリサコ]
1928年、東京に生まれた。早稲田大学露文科卒業。1964年、ポーランドに留学。おもに外国児童文学の翻訳紹介に活躍。1997年没

堀内誠一[ホリウチセイイチ]
1932年、東京に生まれた。グラフィックデザイナー。カメラ雑誌やファッション雑誌の編集美術を手がける傍ら、絵本・童話の世界でも活躍。その仕事は、写真家や編集者、絵本作家に多大な影響を与えた。1987年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

134
ポーランドの作家が書いたジプシーの昔話です。「おはなしのまえのおはなし」という前ふりがあってそのあとに11のお話があります。この話も少し前に読んだエチオピアやデンマークの本と同様にあまりないけれどどこかで聞いたような気のする話もあります。絵が堀内誠一さんの絵で私は昔からマザーグースの本で見ていたのでなつかしい気がしました。2016/10/01

みつばちい

24
ポーランドのジプシー研究者によるジプシーの民話。色彩鮮やかで、情熱的で、力強いはなしが多かった。語りには長いが、好きな話がいくつかあるので読んだり、紹介したりしたい。2020/10/14

ヒラP@ehon.gohon

21
ジプシーという独自の文化をもった民族の昔話です。20数編のお話の中に、どことなく流浪を生活様式にした、考え方にも他と少し違うものを感じました。話の展開にも独特な感じがします。中に、グリム童話と共通する「太陽の王の三本の金髪」のようなお話もありましたが、グリムでは悪魔の三本の髪の毛ではなかったでしょうか。悪魔と太陽の王という、相対する髪の毛を取りに行くという、逆転思考には驚きました。 2020/10/20

円舞曲

19
大人のためのおはなし会。「漁師とウルマとチャラーナ」を。ロマンティックなお話でした。2017/01/12

おはなし会 芽ぶっく 

15
おはなしのまえのおはなし /太陽のおかあさん/月はなぜふとったりやせたりするか/インゲン豆のきらいなアンドルシ/ 太陽の木の枝/バラの花とバイオリンひき/なんでも見える鏡/ 漁師とウルマとチャラーナ/ジプシーとあかいヘビ/白いシカ/ 十二頭の馬とうき島のむすめ/ジプシーと九羽のカラス/きりの国の王女/ひつじかいのバクレングロ/雨ごいの名人/七人の兄弟と悪魔/魔法の小鳥/すてられた子どもたち/悪魔をだましたジプシー/太陽の王の三本の金髪/魔法の箱/ヒキガエルとまずしいやもめ 22話 知らないお話が多かった 2019/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/31280
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。