世界傑作絵本シリーズ<br> げんきなマドレーヌ

個数:

世界傑作絵本シリーズ
げんきなマドレーヌ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 22時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キガイ判/ページ数 46p
  • 商品コード 9784834003628
  • NDC分類 E

出版社内容情報

パリの寄宿学校に住む12人の女の子たちの中でマドレーヌは一番の元気者。でもある晩、そのマドレーヌが泣きわめきはじめたのです。女の子たちを生き生きと描いた魅力ある絵本です。

<読んであげるなら>4才から
<自分で読むなら>小学低学年から

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

360
「マドレーヌ」シリーズの第1作。ベーメルマンスに独特のタッチの絵が大いに楽しめる。絵は詩情豊かにパリを描いたカラーのものと、プロットを構成する黄色の地に黒の線で描いたもの。カラーの絵は(例えば表紙のように)代表的なパリの光景なのだが、それが絵葉書みたいにならずに、ちゃんとベーメルマンスの絵になっている。ちょっとシャガールを想わせるような色遣いだ。プロットは単純そのものだし、12人の子どもたちというのも一見無駄にも見えるが、これまた物語を構成する上で立派に寄与している。2023/06/06

Hideto-S@仮想書店 月舟書房

93
パリの寄宿舎で暮らす12人の女の子たち。一番ちびのマドレーヌは、スポーツ万能で動物園の虎にもへいっちゃら。でもある夜、マドレーヌは起き上がって目を泣き腫らしていました。盲腸で緊急手術! 10日間が経ち、先生と11人の女の子が病院にお見舞いに行くと……。1939年に描かれたシリーズ第一作。黄色を背景にした可愛らしい絵に、時折オールカラーのページが入ってアクセントになっています。何事にも動じず、異変が起こると子どもたちのもとに駆け付けるミス・クラベルが頼もしい。日本版の初版は1972年11月。2015/12/30

masa@レビューお休み中

74
12人の女の子たちは、いつでも、どこでも必ず一緒だった。それが当たり前で、誰かが欠けることなんて想像もしていなかった。ある日、一番小さい女の子のマドレーヌに異変が起こる。いつも笑顔で、泣くことのないマドレーヌが痛い痛いと泣いているのだ。慌てて病院に連れて行くのだが…。この絵本は誰に向けたものなんだろう。子供向けにしてはシリアスすぎるし、大人向けにしてもちょっともの足りなさを感じてしまう。もっと普遍的な何かを伝えようとしているのか…。ファンタジーと現実が入り混じった不思議な物語でした。2013/03/18

yomineko@猫屋敷寧ろ暑い

66
読み友様からのご紹介本です📚古い本ですがそれがもう魅力的!マドレーヌちゃんたち12人揃って寝たり起きたり遊んだり。でもある日彼女が病気になって、、、このシリーズは全部読みたいですね🎵2023/04/11

gtn

53
この子たちは孤児だろうか。そうだとすれば、仲間と一緒にご飯を食べたり、仲良くベッドを並べたり、散歩をして様々な人に出会ったり、病に罹った友を心配したり等々、両親に会えぬ寂しさを埋め、それを凌駕するほどの貴重な体験を積んでいる。2020/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/428554
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。