こどものとも絵本 日本の昔話<br> ふるやのもり

個数:

こどものとも絵本 日本の昔話
ふるやのもり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 10時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 27p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784834001945
  • NDC分類 E
  • Cコード C8795

出版社内容情報

猿の顔が赤いのは、おおかみと泥棒が雨漏りを怖がったからだ、というとてつもなく愉快な昔話。見事な再話と色を抑えた骨太の絵からなる、第一級の昔話絵本です。

<読んであげるなら>4才から
<自分で読むなら>小学低学年から

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

seacalf

53
カフェデッキ四冊目。これも相当おさない頃に読んだ貰った記憶が。この絵本の影響で、猿の顔面やしっぽの話をけっこう信じていた覚えがある。2018/11/05

anne@灯れ松明の火

41
読み聞かせ講座の課題。この世で一番怖いものは、ふるやのもり? 泥棒より、オオカミより怖いって、一体なに? 話は知っていたが、きちんと読んでみたら、面白かった。昔話、いいなあ。おはなしライブで読んでみたい。講座では、テキストだけで読んだのだが、やはり絵も見てみたくて、終了後、隣市に寄った。いろんな画家さんで絵本化されているようだが、先生オススメはこちらの田島征三さんとのこと。2019/11/11

gtn

37
「群盲象を評す」の説話を思い浮かべる。遠い昔より、ほんの一部の知識で全体を評価することを戒めているのに、現代人、特にマスコミや政治家は相も変わらない。2022/12/05

ぼんくら

36
【「瀬田貞二」生誕100周年】イベント♪なにより一番怖いもの、それはふるやのもり!という、素朴な昔話に、田島征三の土臭くて力強い絵がいい。あまもりにあわてて入れ物を手に走り回るじじばばの姿、ふるやのもりの出現に驚くどろぼうとおおかみの場面も、なんともいえない味がある。2016/04/23

メタボン

25
☆☆☆ なかなかに奇想天外なストーリー。ふるやのもりってそういう意味だったのか。絵はヘタウマすぎて好みではなかった。2016/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/178635
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。