なにわ塾叢書<br> 考古ボーイの70年―研究と行政のはざまにて

個数:

なにわ塾叢書
考古ボーイの70年―研究と行政のはざまにて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784833901727
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0221

内容説明

昭和初期、考古学徒が相集う家庭に育った少年は、自然と古代探究に魅せられていく…。若き日に見聞した多くの考古学者の人物像や、戦前・戦後の日本考古学界の歩み。東西の比較研究をもとに縦横に考証される多彩な研究内容。また今日に至る文化財行政の基礎を築いた一人として語られる発掘と保存、文化財展示などへの提唱。70年におよぶ足跡が浮かび上がる“清足考古学”への旅。

目次

第1回講座 戦前の日本考古学をたずねて(親から子へ、子から孫へ;日本考古学の芽生え ほか)
第2回講座 開発と保存のはざまにあって(中国における戦前の遺跡調査;朝鮮半島での文化財調査 ほか)
第3回講座 平城宮跡の発掘と史跡保存問題(文化財保護法の理想と現実;出土遺物の相対年代と絶対年代 ほか)
第4回講座 考古学に何ができるか(埋蔵物の展示について;復元に伴うウソとホント ほか)