アート思考―ビジネスと芸術で人々の幸福を高める方法

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

アート思考―ビジネスと芸術で人々の幸福を高める方法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月28日 04時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784833423366
  • NDC分類 704
  • Cコード C0034

内容説明

アートは「最先端の思考」と「感性の技術」。シリコンバレーのCEOたちが実践。イノベーティブな発想を生む感性の鍛え方がわかる。「現代アート」を通じて、アート思考を訓練する方法。社会をサバイブする真の知性、感性とは何か。

目次

第1章 すべては「問い」から始まる(洞察力とユニークな視点;アート思考の本質 ほか)
第2章 アートとビジネスの交差点(シリコンバレーのイノベーターたち;組織にアートを採り入れる企業 ほか)
第3章 イノベーションを実現する発想法(経験をすべてアートに昇華させる;「孤独」あるいは「勝手」な存在 ほか)
第4章 アートと資本主義(破壊的イノベーション;「使用価値」と「交換価値」 ほか)
第5章 現代アート鑑賞法(常識を疑う、ゼロベースで考える;“何でもあり”の現代アート ほか)
付録 注目すべき現代アーティストたち

著者等紹介

秋元雄史[アキモトユウジ]
1955年東京生まれ。東京藝術大学大学美術館長・教授、および練馬区立美術館館長。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、作家兼アートライターとして活動。1991年に福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社、国吉康雄美術館の主任研究員を兼務しながら、のちに「ベネッセアートサイト直島」として知られるアートプロジェクトの主担当となる。開館時の2004年より地中美術館館長/公益財団法人直島福武美術館財団常務理事に就任、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクターも兼務する。2006年に財団を退職。2007年、金沢21世紀美術館館長に就任。10年間務めたのち退職し、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MIKI(magicrose)

28
「アーティスト」とは、答えを示すのではなく、問いを発する人。デザイナーは、自分の外側にある課題に向き合うが、アーティストは、自分の内側から湧き上がるものに向き合う。新たな知覚の方法を探し、認知の仕組みを鍛える、あるいは組み直す。アートの本質的な価値とは、見る人の感情や精神を揺さぶり、生きている意味を肯定するものであり、それは宗教に近いものかもしれない。「アート思考」の本質とは、「わからないもの」に対して、自分なりに粘り強く考え続ける態度である。2020/01/11

てつJapan

14
【良かった】・ 著者は「ベネッセアートサイト直島」の元朱担当者。 ・ 現代アートを鑑賞する姿勢は「常識を疑う」と「ゼロベースで考える」といったビジネスにも通じる姿勢。これだけだと「最近よく聞くよね?」と感じるでしょうが、この本ではそれを腑に落ちる形で書いています。2020/10/15

オザマチ

12
ちょうどヨーゼフ・ボイスの展覧会を見た後だったので、現代アートの解説は割とすんなり受け入れられた。2021/08/31

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

8
✅現代アートが提起する問題や、描く世界観は、ビジネスエリートに求められる発想に通じる。 ✅アートとは「ゼロから価値を生み出す創造的活動」。アーティストとは、答えを示すのではなく、「問いを発する人」 ✅ビジネスでは「わからない」ことは望ましくないとされるが、現代アートにとっては、「わからない」ことはむしろよいことである。わからないものに接することで、新たな思考が促されるため2020/12/12

Monsieur M.

8
前半は、私のざっくりした理解では、「デザイナーはクライアントのニーズに応えたり、問題を解決する人、アーティストは問を発する人。新しいビジネスモデルを提示し、時代を作る、人々を導いていくという点において、(先駆的な)経営者とアーティストは似ている。だから、現代アートに触れることは、(直接的にではないにせよ)発想やビジネスセンスを養うのに役立つ」というような趣旨のことが書いてあったのではないか、と思う。後半は、「現代アートとは何ぞやということと、主な現代アーティストの紹介」。(続く)2020/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14638692

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。