いのちか原発か

個数:
電子版価格 ¥972
  • 電書あり

いのちか原発か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月16日 18時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784833110938
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

原子力にNOを突きつける不屈の研究者と、世界一の「原発銀座」若狭で反対運動を続ける反骨の僧。二人にしか語れない反原発“直言”対談。「フクシマ」後の世界をどう生きるか。

目次

1 原発事故があばいたこの国の正体(「中間貯蔵施設」をめぐって;推進側はすべてを知っていた ほか)
2 人間と敵対する科学への疑念(脱原発ではなく「反」原発;大学闘争と女川住民 ほか)
国策としての戦争と原発推進―若狭で“第二のフクシマ”を起こさせないために(小浜に原発が来る;阿納坂トンネル秘話 ほか)
3 絶望のなかに希望をもとめて(原子炉実験所助教の仕事;第二、第三のフクシマが起きかねない ほか)

著者等紹介

小出裕章[コイデヒロアキ]
京都大学原子炉実験所助教。1949年、東京生まれ。68年、東北大学工学部原子核工学科入学原子力の平和利用を志した在学中、東北電力女川原子力発電所の反対運動にかかわり、反原発の立場からの研究を決意。74年、同大学院工学研究科修士課程修了。同年、京都大学原子炉実験所に入所し、原子力の危険性を一貫して訴え続ける

中嶌哲演[ナカジマテツエン]
若狭・小浜 明通寺住職。1942年、福井県生まれ。東京藝術大学中退。高野山大学仏教学科卒。学生時代、日本宗教者平和協議会にかかわり、広島の被爆者支援をつづける。「世界一の原発銀座」若狭・明通寺(真言宗・小浜市)の住職として、原発現地での反原発市民運動を展開。「原発設置反対小浜市民の会」事務局長を務める。93年「原子力行政を問い直す宗教者の会」結成に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。