北海道大学大学院文学研究院研究叢書<br> 一七世紀フランスの絵画理論と絵画談義―語らいと沈黙の美術批評史

個数:

北海道大学大学院文学研究院研究叢書
一七世紀フランスの絵画理論と絵画談義―語らいと沈黙の美術批評史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832968691
  • NDC分類 723.35
  • Cコード C3071

目次

序章 絵の前で語ること/語らないこと
第1章 絵の前で、批評の手前で―フレアール、フェリビアン、ド・ピールと一七世紀の絵画談義
第2章 美術の批評と絵画談義―物語としてのロジェ・ド・ピール『会話』
第3章 創作する画家の所作―一七世紀フランス絵画論における“facilement”の理想について
第4章 過去との語らい―ロジェ・ド・ピールの天才概念と熱狂概念
第5章 『クレーヴの奥方』の肖像―作中の絵画作品と一七世紀のイメージ論
第6章 対話篇・会話篇と作品の“記述”