化学物質管理法の成立と発展―科学的不確実性に挑んだ日米欧の50年

個数:

化学物質管理法の成立と発展―科学的不確実性に挑んだ日米欧の50年

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月19日 06時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 576p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832968226
  • NDC分類 574
  • Cコード C3032

目次

化学物質のリスクとその管理(リスクとその対処;化学物質の有するリスク ほか)
第1章 わが国の化審法の成立と発展(化学物質管理の特徴―科学的不確実性と既存化学物質の存在;化審法とTSCAの成立―化学物質管理における予防原則の始まりとわが国の継受 ほか)
第2章 米国有害物質規制法の成立と発展(TSCAの構造;TSCAの成立過程における制約の導入 ほか)
第3章 欧州における化学物質管理法の成立と発展(化学物質の有するリスクの特徴と法的対応;ドイツにおける化学物質管理政策の推移と環境保護概念の欧州への展開 ほか)

著者等紹介

辻信一[ツジシンイチ]
1985年京都大学大学院工学研究科修了。通商産業省入省。現在、名古屋大学特任教授。専攻は環境法、環境政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。