北海道大学大学院文学研究科研究叢書<br> 万葉歌人大伴家持―作品とその方法

個数:

北海道大学大学院文学研究科研究叢書
万葉歌人大伴家持―作品とその方法

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 310,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832963818
  • NDC分類 911.122
  • Cコード C3095

内容説明

本書は、『万葉集』を代表する歌人大伴家持の作品そのものを考察の対象にする。表現分析によって析出される個々の作品の方法は「ひとつの点」かもしれないが、それぞれの「点」が相互に関連し合い、いくつかの「軌跡」を見出すことができれば、それこそが万葉「歌人」として歩んだ家持の姿を見定めるきっかけとなる一冊。

目次

1 在京期の作品(初期作品;悲傷亡妾歌;安積皇子挽歌;聖武天皇東国行幸従駕歌論)
2 越中期の作品(越中歌壇について;長歌作品の方法;王権讃美の方法)

著者等紹介

広川晶輝[ヒロカワアキテル]
1968年群馬県安中市に生まれる。1999年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程国文学専攻単位取得退学。同年北海道大学文学部助手。2000年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程国文学専攻修了。博士(文学)。現在、北海道大学大学院文学研究科助手
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。