• ポイントキャンペーン

ボケない「いきいき脳」を取り戻せ―軽い認知症の治療や予防に役立つ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832706453
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0077

内容説明

楽しみながら脳の前頭前野を活性化することで、「いきいき脳」を維持する方法を提案。早期認知症患者の治療実績に基づく検査や脳のリハビリ、生活習慣改善などを紹介。また、将来認知症になる可能性が高い“認知症予備群”の見分け方や判定法、対策も紹介する。

目次

第1章 あなたの脳は大丈夫?―ボケ始めの徴候を見分けるには(認知症予備群について;日常生活での認知症の見分け方 ほか)
第2章 脳の仕組みと働き―脳は前後左右で役割分担(古い脳と新しい脳;大脳左右半球の機能分化 ほか)
第3章 ボケ予防作戦の原則―どのタイミングで何をやるべきか(ボケやすいタイプについて;真のボケ予防は四〇代までに ほか)
第4章 認知症にならないライフスタイル―生活習慣病型の認知症とは(認知症を予防するには;中間管理職の感性度 ほか)
第5章 あなたの脳を鍛える「音楽」と「ゲーム」―気軽に取り組める認知症の予防対策(脳活性化の最終目標は前頭前野にある;脳を鍛える音楽とゲーム ほか)

著者等紹介

金子満雄[カネコミツオ]
1934年、長崎県生まれ。長崎大学医学部博士課程修了。東アフリカ・ケニア、米国で脳外科医として診療活動後、73年、浜松医療センター開設に参画。脳神経外科部長、副院長を経て、2004年3月まで顧問。脳血管障害約5000例の治療を行う。20年前から早期認知症の診療を始め、これまで5万人以上の実績を持つ。日本早期認知症学会理事長を10年間続けた後、2009年末から顧問。現在、浜松早期認知症研究所代表、金子クリニック院長として認知症の早期診断、早期治療に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。