日本仏教史研究叢書<br> 釈雲照と戒律の近代

個数:

日本仏教史研究叢書
釈雲照と戒律の近代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 306p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784831860453
  • NDC分類 188.5
  • Cコード C1321

出版社内容情報



亀山 光明[カメヤマ ミツヒロ]
著・文・その他

内容説明

日本史上最後とされる戒律復興運動を展開した真言宗僧・釈雲照は、「精神主義」運動などを評価する歴史観から「近代との対決を拒否した僧」として描かれてきた。だが、それは妥当な理解なのか―。雲照の思想と事績の再検証を通じて、彼が同時代の仏教者たちと同様に近代日本の諸問題に対応すべく「戒律」の再編成を試みていた事実を浮き彫りにし、「戒律の近代」を再考する。

目次

第1章 戒律主義と「国民道徳」論―宗門改革期の釈雲照
第2章 戒律の近代―釈雲照における初期十善戒思想の展開
第3章 在家と十善戒―明治中期における仏教実践の創出に着目して
第4章 善悪を超えて―釈雲照と加藤弘之の「仏教因果説」論争と戒律実践
第5章 正法と末法―釈雲照の戒律復興論とその条件
第6章 旧仏教の逆襲―明治後期における新仏教徒と雲照の交錯をめぐって
第7章 越境する持戒僧たち―釈雲照の朝鮮体験とその意義
第8章 近代日本における戒律と国民教育―日本主義・皇道論を視角として
終章 成果と課題

著者等紹介

亀山光明[カメヤマミツヒロ]
1991年熊本県生まれ。大阪大学文学部卒業。東北大学大学院国際文化研究科前期博士課程修了後、同大学後期博士課程を経て、プリンストン大学宗教学部博士課程在籍。専門は宗教学(近代日本宗教史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。