法蔵館文庫<br> 天平芸術の工房

個数:
  • ポイントキャンペーン

法蔵館文庫
天平芸術の工房

  • 武者小路 穣【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 法蔵館(2021/09発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年08月15日 13時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 230p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784831826275
  • NDC分類 702.135
  • Cコード C1121

内容説明

正倉院や東大寺などの花やかな芸術創造にたずさわった工人たちは、どのような歴史を経て、いかなる活動をしていたのか。八世紀半ばを中心にして、日本で活動するようになった画工が政府の工房に組織され、その制作活動を拡大していく過程をたどり、やがて九世紀には官司工房としては衰退して、そこから新しい画工の民間工房が成立していく方向を展望する。

目次

概観 古代国家の工人たち
1 律令官司の画工
2 渡来した画工
3 画師身分の成立
4 画工司の活動
5 造東大寺司の画工
6 ある画工の軌跡
7 官司工房の解体
終章 自立する画工たち

著者等紹介

武者小路穣[ムシャコウジミノル]
1921年、奈良市に生まれる。1943年、東京帝国大学文学部国史学科卒業。明星学園高等学校教諭、和光大学人文学部教授を経て和光大学名誉教授。2010年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shoji

36
奈良時代、天平文化を形成する一翼を担った「工人」にフォーカスした本です。絵画や造仏、漆工や細工等を専門的に行う職人の出自や仕事内容や生活を研究することで、天平文化の形成過程を考察する内容です。天皇の集権的政治や律令国家の形成において、(渡来系)職人集団が果たした意義が述べられています。同時に、天平文化の隆盛と凋落が、奈良の都の隆盛と凋落にシンクロしている様子も見て取れました。2022/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18353314

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。