語られ続ける一休像―戦後思想史からみる禅文化の諸相

個数:

語られ続ける一休像―戦後思想史からみる禅文化の諸相

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 11時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831515940
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C1014

内容説明

室町時代を生きた一休宗純(1394‐1481)の実証研究とその没後に生まれた一休“像”の変遷とをつなぎ、戦後日本における禅文化の追究へ―前田利鎌・芳賀幸四郎・市川白弦・柳田聖山ら「禅」を修めた代表的知識人が、一休を語ろうとしながら、語る側からみた像が提示されてきたその変遷を、戦後思想史の一断面として捉え、“語り”のイメージリーディングの新たな地平を探る。

目次

序論 一休の“像”は如何に形成されてきたか―室町期から戦後日本へ
第1章 一休像の近代的「発見」―前田利鎌の「禅」を手がかりに
第2章 戦後日本における中世禅文化論と一休の像―芳賀幸四郎を中心に
第3章 市川白弦の一休像―「即」の論理の批判的継承として
第4章 二十世紀の「禅学」と一休像―柳田聖山の視座を再考する
補論 「瞎驢辺滅却」をめぐって―一休と臨済禅への研究覚書
終章 禅門と俗世と一休の像―論のむすびとひらき

著者等紹介

飯島孝良[イイジマタカヨシ]
1984年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、花園大学国際禅学研究所専任講師。専攻は禅文化史・日本宗教思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。