本居宣長の思考法

個数:

本居宣長の思考法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月24日 19時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 294,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784831511270
  • NDC分類 121.52
  • Cコード C1010

内容説明

稿本から刊本までの論述を丹念に辿ることによって、宣長の思考法を解明する。和歌の注釈書から思考の型を抽出し、古道論から表現の生成過程を追求する。

目次

序論 本居宣長の思考法
第1部 和歌の注釈法(本文批評の作法―『草庵集玉箒』の本文批評;和歌注釈の作法―『草庵集玉箒』の批評語;和歌解釈の作法―『草庵集玉箒』の解釈法;先行注釈受容の手法―『美濃の家づと』の注釈法;俗語訳の理論と技法―『古今集遠鏡』の俗語訳)
第2部 古道論の流儀(古道論の議論術―『くず花』の戦略;「漢意」の成立と展開―『古事記伝』の思考法;「漢意」の欺瞞―『老子』批判をめぐって;「不可測の理」の成立と展開―『古事記伝』の不可知論;「名義未思得ず」の真相―『古事記伝』の語釈)

著者等紹介

田中康二[タナカコウジ]
1965年大阪市生。1988年神戸大学文学部卒業。1994年神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学。富士フェニックス短期大学専任講師。1999年博士(文学)(神戸大学)取得。富士フェニックス短期大学助教授。2001年神戸大学文学部助教授。第27回日本古典文学会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。