持続可能な開発目標(SDGs)と開発資金―開発援助レジームの変容の中で

個数:

持続可能な開発目標(SDGs)と開発資金―開発援助レジームの変容の中で

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月29日 13時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830949531
  • NDC分類 333.8
  • Cコード C3033

内容説明

2015年9月に国連総会で持続可能な開発目標(SDGs)が採択されたが、その原資となる開発資金についてはどのような議論がなされているのか?ODAといった公的資金のみならず民間資金を広く動員する必要性が指摘されるが、多くのステークホルダーが関わり複雑である。最近の開発資金についての動向を解明するとともに、それを通して開発援助レジームの変容について検討する。

目次

序章 開発資金の意義と役割:本書の目的と問題意識
第1章 国際政治経済情勢と開発アジェンダの変遷
第2章 途上国に向けた資金の流れの変遷
第3章 現在の国際開発援助レジームの形成とSDGs時代の開発資金
第4章 SDGs時代の開発資金の議論:ODAからTOSSD、FfDへ
第5章 日本の開発援助政策の変遷とSDGs時代の開発資金
第6章 結びに代えて:国際開発援助レジームとSDGs時代の開発資金の動向

著者等紹介

浜名弘明[ハマナヒロアキ]
1980年生まれ。東京大学大学院国際協力学専攻修了。国際協力機構(JICA)フランス事務所前企画調査員。財団法人国際開発機構(FASID)ジュニア・プログラム・オフィサー、在クロアチア日本大使館専門調査員、JICA企画部、研究所を経て2017年1月までフランス事務所勤務。専門は開発援助論、国際政治経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。