人口減少社会の雇用―若者・女性・高齢者・障害者・外国人労働者の雇用の未来は?

個数:

人口減少社会の雇用―若者・女性・高齢者・障害者・外国人労働者の雇用の未来は?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月22日 19時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784830948596
  • NDC分類 366.21
  • Cコード C3034

内容説明

日本の雇用の未来は?7つのテーマで考察。わが国の人口は、毎年、自然減少している。政府は、労働力率を上げることに懸命である。内需が縮小している産業、見込まれる産業の企業は、海外に生産や販売の拠点を設け、現地で人を採用し、現地で作り、現地で販売する体制を構築しようとしている。国内の若者・女性・高齢者・障害者・外国人労働者の雇用の未来は?ピンポイント的に考察した。

目次

第1章 人口減少社会と雇用の主役の交代―雇用政策研究会報告(2012)に焦点を当てて
第2章 製造業の空洞化と雇用の行方―『ものづくり白書』(2012年版)の指摘を課題として
第3章 わが国の若年者雇用の現状と課題―「学歴インフレ」と「新規学卒一括採用」の視点から
第4章 女性の管理職比率と「日本的雇用慣行」―ダイバーシティ・マネジメントの視点から
第5章 「65歳まで雇用」と企業―人件費ならびに若者の就業に及ぼす影響を中心に
第6章 わが国の障害者雇用の現状と課題―精神障害者の雇用義務化に焦点を当てて
第7章 外国人労働者と企業―「高度人材」とは誰か?

著者等紹介

西川清之[ニシカワキヨユキ]
1947年佐賀県に生まれる。1976年北九州大学商学部経営学科卒業。1983年北九州大学大学院経営学研究科経営学専攻修士課程修了。1986年西南学院大学大学院経営学研究科経営学専攻博士後期課程単位取得満期退学。現在、龍谷大学経営学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。