「おもてなし」依存が会社をダメにする―観光、ホテル、旅館業のための情報産業論

個数:

「おもてなし」依存が会社をダメにする―観光、ホテル、旅館業のための情報産業論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月19日 14時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830948534
  • NDC分類 689
  • Cコード C0034

内容説明

元帝国ホテル・元シティグループの実務家からの目線で「おもてなし」の構造を論じた解説と、その背景となるかんがえかたをていねいに説明した画期的な一冊。構造がわかれば「対策」も可能なので、弱った会社を蘇生させ、強い会社には強固な経営基盤創造のためのヒントが満載。

目次

1 「おもてなしの国」に世界的企業がない不思議(外国人旅行者が感動する国;メーカーの世界;厳しい現実;梅棹アプローチ;アメリカが日本研究で得た結論は「利益の源泉は品質にあり」;わたしの「定義」)
2 サービス品質(プロとしてかんがえる;うまい働き方;かんがえる組織をつくるための基礎;いままでとおなじやり方で、いままでとは違う結果を期待することはできない;お客様に提供する価値;マニュアルの悲劇;品質基準が勝負)
3 実務の組立(変化のステージ・モデル;サービス・サイクル図;業務フロー図;ケース・スタディー)

著者等紹介

青木昌城[アオキマサシロ]
1961年横浜生まれ。大学四年在学中の1983年から85年の二年間、外務省派遣員として在エジプト日本国大使館に勤務。86年に株式会社帝国ホテル入社。フロント勤務を経て、経営管理室に異動し、その後は経営企画畑一筋。この間、全社予算管理制度の構築をはじめ、ホテル開発、店舗管理などを担当し、社内コンサルとして活動した。2002年に帝国ホテル東京、本館大改修計画の営業推進リーダーとして全体とりまとめをし、2006年に退社。同年、シティグループの投資銀行部門である、シティグループ・プリンシパル・インベストメンツ・ジャパン株式会社に入社し、自己勘定投資したホテル・旅館・スキー場などの再生事業を担当する。その後、ホスピタリティーコーチングサービスを設立、経営コンサルタントとして独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。