近現代日本の興隆と大東亜戦争―戦争を無くすことができるのか

個数:

近現代日本の興隆と大東亜戦争―戦争を無くすことができるのか

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 393p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830948183
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0031

内容説明

大東亜戦争は愚かな戦争だったと非難するのは易しい。しかし世界最強国を相手に3年9か月にわたり独りで戦ったという事実は重い。それを解明するには歴史を遡り、また世界政治を規定している文明観、世界観の違いにまで想いをめぐらさねばならない。東京裁判史観や自虐史観でもない「第三の史観」の確立を目指す著者渾身の力作。

目次

第1部 近現代の日本の発展と国際関係(近現代日本の発展と対外戦略;日支関係の進展と外交政策;日米関係―その歴史と展開;欧米の戦争態勢と日米開戦への途)
第2部 大東亜戦争の性格と意味(日本の大陸進出およびアジア主義;アジアにおける日英の競争と対立;日米の戦い:「太平洋戦争」―未成国家の正面衝突;大東亜戦争とは何であったのか―近現代史のなかの日本のあり方を問う視点から)
第3部 戦争回避の可能性と条件を探る(戦争回避と新しい国際秩序の模索;わが国における戦争回避の可能性;戦争を無くすことが出来るのか―結びに代えて)

著者等紹介

吹田尚一[スイタショウイチ]
昭和8年、福井県小浜市に生まれる。早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業。30年4月、(財)三菱経済研究所入所。45年9月、(株)三菱総合研究所へ移籍。研究開発部・主任研究員、応用経済部長を経て、取締役となり、政治経済部門長兼応用経済部長、産業戦略部門長などを歴任。63年12月、常務取締役。退任後、平成10年4月、敬愛大学国際学部教授となり、14年3月、退職。現在、(社)日本経済復興協会理事を歴任後、実証エコノミストとして、また近現代史研究家として執筆・講演活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

歴史の虚実を剔抉し,東京裁判史観や自虐史観でもない「第三の史観」の提示・確立を目指す著者渾身の力作である。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件