東アジア統合という思想

個数:

東アジア統合という思想

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830947810
  • NDC分類 333.6
  • Cコード C3033

内容説明

東アジアコミューンそこに生きる個人・住民の生き方を問う!本書の独自性はその視角にある。何のための、誰のための統合なのかという視角は一貫している。重要なのは日々、地域で生きる諸個人であり、そこでの生活の質である。また統合の考察を通じて、今後の「このくにのかたち」とそこに生きる個人・住民の生き方を問うている。将来の「東アジアコミューン」を幻視する試論である。

目次

第1章 現代世界経済の基本的性格
第2章 東アジア統合論の諸潮流
第3章 東アジアにおけるマクロリージョンとアイデンティティ―EU統合との比較の視点から
第4章 東アジア海運と日本港湾の有機的ネットワーク―先進国型港湾政策への転換を求めて
第5章 グローバルスタンダード下の日韓農業の現状と連携
第6章 グローバリゼーションと地方の自律―日本の地方の現状と制度的枠組みを中心に
終章 人口減少社会の「衝撃」と地方の生存―「昭和幻想」からの脱却と地方のソーシャル・ネットワークの構築

著者等紹介

川本忠雄[カワモトタダオ]
1949年生まれ。1974年九州大学経済学部卒業。1980年九州大学大学院博士後期課程修了。1980~1982年九州大学経済学部助手。1983年下関市立大学経済学部専任講師。1997~1998年ロンドン大学SOAS(東洋アフリカ研究院)客員研究員。現在、下関市立大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。