企業経営行動と文化―マレーシアにおけるエスニック集団の企業経営行動:比較分析

個数:

企業経営行動と文化―マレーシアにおけるエスニック集団の企業経営行動:比較分析

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830947544
  • NDC分類 335
  • Cコード C3034

内容説明

本書で筆者は、企業経営行動と社会・文化的要因との関わりを明らかにするために、マレー系・中国系・インド系の3つのエスニック集団が活動するマレーシアを取り上げ、それぞれが異なるパターンを示す企業経営行動の特徴を、政治・経済的環境だけでなく、価値観・家族関係・教育など、社会・文化的要因にまで踏み込んで、克明な検討を行っている。

目次

序章 本書の問題意識と構成
第1章 独立期に至る各エスニック集団の状況と独立以後の経営環境
第2章 企業経営主体の形成過程
第3章 企業経営行動の発展過程:事例研究
第4章 マレーシアにおける起業行動の分析
第5章 企業経営行動の比較分析
第6章 エスニック集団の社会関係および価値観の比較分析
第7章 企業経営行動の「型」を形成する諸要因
終章 研究の総括:本研究で明らかにしたことと残された課題

著者等紹介

岩田奇志[イワタキシ]
杭州大学(現浙江大学)で日本語を学び、北京外国語学院(現北京外国語大学)日本学研究中心(大学院)で、日本の社会・文化について学ぶ。来日して日本経営論を学び、のち清華大学で教鞭をとる。再来日のために退職。中国の社会と経営、および、企業経営行動と文化との関わりに関心を持つ。現在、熊本大学大学院社会文化科学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。