グローバリゼーションと貿易構造

個数:

グローバリゼーションと貿易構造

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 408p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830947155
  • NDC分類 678
  • Cコード C3033

内容説明

本書は、「生産プロセス」・「生産経済」に焦点を当て、経済のグローバリゼーションのなかでの貿易構造を分析すると言う課題に取り組んだ力作である。「むすび」で述べているように、本書は、生産システム分析という「メゾの視点」から、経済のグローバリゼーションにおける経済構造や貿易構造の変化・変容を検討するという問題意識のもとに著述。

目次

第1部 フレームワーク(問題の所在)
第2部 国民経済単位からみた貿易構造(分類と分析指標;貿易の垂直構造 ほか)
第3部 企業単位からみた生産システムと貿易構造(バリューチェーン・ネットワーク・グローバル生産システム;生産システムの構造変化 ほか)
第4部 技術・組織要因と制度的要因(グローバリゼーションの促進要因)
第5部 貿易の理論的考察(現代古典派と新古典派;世界市場 ほか)

著者等紹介

石田修[イシダオサム]
1957年生まれ。1982年九州大学経済学部卒業。1986年九州大学大学院博士後期課程修了。鹿児島大学法文学部助教授。1992年九州大学経済学部助教授。1993年から1995年ケンブリッジ大学経済学部客員研究員。現在、九州大学大学院経済学研究院准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。