米国ビール業界の覇者―「アメリカのNo.1ビール」をめぐる攻防

個数:

米国ビール業界の覇者―「アメリカのNo.1ビール」をめぐる攻防

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 395p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784830946899
  • NDC分類 588.54
  • Cコード C3034

内容説明

「シュリッツ」「ブルー・リボン」が敗北し、「ミラー・ライト」「バドワイザー」が勝利した要因を米国主要ビール会社の事例分析によって解明。アンハイザー、ミラー、クアーズの上位3社が他国ビール会社とのM&Aによる消滅した経緯を明らかにし、世界戦略に出遅れた日本国内の2強キリン、アサヒへ警鐘を鳴らす。

目次

序章 米国ビール業界の概観と課題―1950‐2005年
第1章 会社破綻の分析と教訓―シュリッツ社とパブスト社の事例
第2章 ミルウォーキーの大躍進ビール会社―SABミラー社の事例
第3章 生き延びた地域ビール会社―アドルフ・クアーズ社の事例
第4章 米国ビール業界の巨人:アンハイザー・ブッシュ社―栄光と挫折の150年
第5章 アメリカ最古のビール会社175年の軌跡―D.G.ユングリング・アンド・サン社の事例
終章 日本ビール業界への警鐘―麒麟麦酒100年に見る日本ビール業界の課題

著者等紹介

山口一臣[ヤマグチカズオミ]
1940年8月満州国ハルピン市に生まれる。1970年3月早稲田大学大学院商学研究科博士課程修了。1994年2月商学博士(早稲田大学)。流通経済大学助教授などを経て、成城大学経済学部教授。経営史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。