産業集積地の継続と革新―京都伏見酒造業への社会学的接近

個数:

産業集積地の継続と革新―京都伏見酒造業への社会学的接近

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月19日 14時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 220p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946752
  • NDC分類 588.52
  • Cコード C3036

内容説明

日本を代表する酒造地・京都伏見。そこには少資源という弱みを強みに変えてきた歴史がある。人々の常識にとらわれない大胆さと伝統を守り続ける力はどのように形成されてきたのか。長期にわたるフィールドワークによりそのメカニズムを解き明かす。力作。

目次

第1章 本研究の目的と分析枠組み
第2章 伏見酒造業の歴史的背景と特性
第3章 制約的条件への苦慮と環境耐性
第4章 進取的な酒造家たち
第5章 多様な成員の集団秩序
第6章 酒造技術者の職業人性と地域技術者ネットワーク
第7章 伏見酒造業に対する社会学的考察
エピローグ 伏見酒造業の現在
補遺1 関連業者の特性
補遺2 伏見酒造業の水平ネットワーク
附録 伏見酒造業各社の企業情報と沿革