国際経済の新構図―雁行型経済発展の視点から

個数:

国際経済の新構図―雁行型経済発展の視点から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946516
  • NDC分類 331
  • Cコード C3033

目次

第1部 雁行型経済発展論:総論(雁行型経済発展論―小島ヴァージョンの成果と課題;雁行型経済発展論の継承と展開;雁行型経済発展の形態論 ほか)
第2部 雁行型経済発展の実証(オフショアリングと新たな国際分業―雁行型経済発展論の再考;東アジア経済の新たな潮流と雁行形態論;独立後インド産業発展の概観―雁行型発展論への含意 ほか)
第3部 雁行型経済発展の新理論(雁行型発展の理論―特殊要素モデルを中心として;雁行形態論の新理論モデル;雁行形態的南北間産業内貿易 ほか)

著者等紹介

池間誠[イケママコト]
1941年沖縄県に生まれる(11月26日)。1964年小樽商科大学商学部卒業(商学士)。1970年一橋大学大学院経済学研究科博士課程退学。1971年オーストラリア国立大学Ph.D.(経済学)。1981‐2005年一橋大学経済学部教授。現在、東洋英和女学院大学教授、一橋大学名誉教授、(社)世界経済研究協会理事長。専門分野は国際経済学、経済思想、経済学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。