グローバリゼーションと体制移行の経済学

個数:

グローバリゼーションと体制移行の経済学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830946059
  • NDC分類 333
  • Cコード C3033

内容説明

ベルリンの壁崩壊から20世紀末挟んで世界を揺るがした旧社会主義諸国の体制移行プロセスを、現代世界経済の趨勢を規定するグローバリゼーションという文脈に立って、ロシア・中東欧経済の専門家が政治経済学的・実証的に分析した。国際的な政治経済体制と移行諸国の関係、およびFDIの流入や多国籍企業が果たしてきた役割に焦点を当てる。

目次

グローバリゼーションと体制移行の経済学:問題意識と分析視角
第1部 国際政治経済システムと移行経済諸国―総論(グローバリゼーションと「権力関係」:移行諸国をみる視座;WTO体制と移行経済諸国;中欧3か国のEU加盟と金融・通貨統合プロセス:制度の受容面からの検討;移行諸国への外国直接投資と国家の役割;移行経済諸国における金融セクターの展開とグローバリゼーション:新規EU加盟国への金融部門FDIを中心に;国際炭素市場とロシア移行経済)
第2部 市場経済化・外国資本・経済開放―国別研究(チェコにおける企業改革と対外直接投資:日系企業を中心に;ハンガリーにおける外国直接投資と企業再建;ポーランドの外国直接投資誘致政策:経済特区を中心に;ロシアの市場経済化とエネルギー貿易;中央アジア諸国の市場経済化と外資導入政策の現状;「持てる国」カザフスタンの事例;キルギス共和国の体制転換:グローバリゼーション下の小国生き残り策)

著者等紹介

池本修一[イケモトシュウイチ]
日本大学経済学部教授。1996年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学。早稲田大学修士(経済学)

岩崎一郎[イワサキイチロウ]
一橋大学経済研究所准教授。2000年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学。一橋大学博士(経済学)

杉浦史和[スギウラフミカズ]
帝京大学経済学部助教。2002年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位修得退学。一橋大学博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。