グローバリゼーションの進展と連結経営―東南アジアから世界への視点

個数:

グローバリゼーションの進展と連結経営―東南アジアから世界への視点

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784830942839
  • NDC分類 335.5
  • Cコード C3034

内容説明

本書は今後、日本企業の多国籍化を考えて行くにあたって、確固とした議論の土台となる事実分析に富むとともに、同氏のいう「連結経営」に至る道筋をしめす示唆的な分析視点が提供されている。

目次

序章 日本企業(製造業)の海外事業の原点―1970年代初頭の断面図
第1章 海外直接投資の動向と東南アジア日系製造業
第2章 東南アジア日系製造業のプロフィール
第3章 典型的事例からみた日系製造業の現況
第4章 東南アジア日系製造業にみる製品事業戦略
第5章 事業部組織と連結業績評価システム
第6章 人材の登用と連結経営
第7章 海外事業の統括軸と地域統括会社
第8章 日本企業(製造業)の海外事業のプロフィール
第9章 「日本型多国籍企業」のゆくえ―日本企業にみられる変化