膝関節運動療法の臨床技術―運動器診療Next Decadeにつながるエッセンス

個数:

膝関節運動療法の臨床技術―運動器診療Next Decadeにつながるエッセンス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 180p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784830645754
  • NDC分類 494.77
  • Cコード C3047

目次

第1章 機能解剖(骨性構造;膝関節の骨ランドマークの触診の流れ ほか)
第2章 臨床的膝タイプの見極め(ジョイントプレイの見極め;伸展可動域の見極め ほか)
第3章 膝関節のスペシャルテストの習得(ラックマンテスト;前方引き出しテスト ほか)
第4章 膝関節の運動療法(関節可動域エクササイズ;筋力エクササイズ ほか)

著者等紹介

今屋健[イマヤタケシ]
関東労災病院中央リハビリテーション部(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アリヤス

0
やっと読み終えました。 痛みの法則の考え方が一緒だった時は嬉しかったです。 しかしとにかく内容が細かくまだまだ出来てない自分がいることを痛感する本でした。 knee laxの説明などは大変分かりやすく、復帰基準も体重比三倍と2.5倍だったのでやはりしっかりとした基準があるのだなと勉強になりました。 2019/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13409782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。