ソキウス研究叢書<br> テクノソサエティの現在〈1〉遺伝子技術の社会学

個数:

ソキウス研究叢書
テクノソサエティの現在〈1〉遺伝子技術の社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月25日 13時33分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 237,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784830110856
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C3036

目次

第1章 遺伝子決定論、あるいは“運命愛”の両義性について―言説としての遺伝子/DNA(「DNA神話」の現在;遺伝子決定論とは何か;遺伝子決定論/本質主義の大衆的意味;遺伝子決定論/本質主義の深奥)
第2章 遺伝子・患者・市民(遺伝性疾患患者・家族のアドボカシー;断片化する身体;ジェネティック・シティズンシップの将来)
第3章 遺伝子組換え問題をめぐる消費者の弱点―先端技術リスクの当事者として(遺伝子組換え作物の普及と議論;食品安全性問題に関する消費者への期待と役割;消費者の社会的選択と不安;不確実性に当事者として対応する)
第4章 ディスアビリティとインペアメントの間―遺伝子技術をめぐる「当事者」へのインタビュー調査(分析枠組みとしてのディスアビリティとインペアメント;共通体験としての「無力化(disabling)された自己」
無力化からの解放の手法
まとめに代えて)
第5章 遺伝子化された生を越える(病気/障害の経験;病気/障害と治療;遺伝病へのまなざし;結論)

著者等紹介

柘植あづみ[ツゲアズミ]
明治学院大学社会学部社会学科

加藤秀一[カトウシュウイチ]
明治学院大学社会学部社会学科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。